2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

呂布とか三国志の武将ってどんなご飯食ってたの?

1 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/07(月) 22:59:34
雑炊とかか?

2 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/08(火) 00:38:40
おにぎりだよ

3 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/08(火) 00:49:02
北方謙三の書き方を見ると
現代の料理に勝るとも劣らないほど旨いもの喰ってたのかと錯覚しそうになる

4 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/08(火) 01:56:47
牛肉のスープが超高級料理だっけ?

5 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/08(火) 22:36:16
肉まん

6 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/08(火) 22:37:48
米酒

7 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/08(火) 23:10:20
イナゴだろ

8 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/08(火) 23:14:48
南は米があって北は雑穀だった気がする

9 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/09(水) 00:35:32
粟や豆も食べられていたらしい

10 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/09(水) 02:49:28
北海あたりの魚は上手そうだな

11 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/09(水) 05:21:18
「餃子の王将」とかに連れてったら、大喜びするんだろうな。
皇帝連中も。ハーゲンダッツのアイスと引き替えに、州の1つもくれそう。

12 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/09(水) 06:26:26
>>11
ビエネッタだったら王に封じてくれるんじゃね?

ちなみに餃子は当時すでにあったらしいが、このときからもう水餃子が主流なんだろうか。

13 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/09(水) 11:49:34
温州蜜柑?

14 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/10(木) 00:59:52
酒がひどく薄いのは有名な話だな。曹操のまとめた醸造法なら少し強く出来たらしいが。
斗酒なお辞せずの酒豪たちも現代に来ればビールのロング缶でべろべろかもしれんのだなあ。

>>3
安全性に関しては現代中国に完勝してるんだろうけどもw

15 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/10(木) 01:56:38
そんな酷く薄い酒でも酒乱が居るんだから
酒に対する耐性が現代と違うんだな
テキーラとか飲んだら即死するんじゃね

16 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/10(木) 13:20:28
九?春酒法で作った酎は
度数が大体20%くらいだったとか
なんかのマンガに書いてあった

17 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/11(金) 00:24:29
蜂蜜

18 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/11(金) 17:14:45
>>8
紀元前から麺料理が発達していて、餃子の化石も発見されている。
新石器時代に西アジアで発明された小麦粉料理がシルクロードを伝って中国に入った説が有力。

19 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/11(金) 17:37:14
>>16
九ウン春酒法は日本酒の醸造法と大して変わらないので、
アルコール度数も20度程度はあったろう。
ただ3回に分けて仕込む日本酒に対し、名前の通り9回にも分けて仕込むので、
かなり糖度の高い酒が出来上がった筈。

また庶民が飲めたのは雑穀の粉を水に溶かして発酵させた、
どぶろくの先祖みたいな酒。

20 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/12(土) 13:16:07
なるほど

21 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/24(木) 02:33:26
良スレ
荒らされない事を願う

22 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/24(木) 09:15:16
現在親しまれてる中華料理の殆どは宋代から誕生したものばかりだから
案外安っぽいものばかりだと思うわ

23 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/24(木) 11:01:41
朝食五虎大将

ご飯
味噌汁
味のり
卵系
バナナ

24 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/24(木) 14:03:45
肉まんと仙酒と漫画肉
俺んちの呂布はこれしか食ってないよ

25 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/25(金) 00:17:29
>>24
無双厨があらわれた

26 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/25(金) 01:54:43
蜀の生姜は有名だったみたいだな
魏の曹操、呉の孫権
どちらも欲しがっていた

27 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/25(金) 03:00:39
ここまで人肉無し

28 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/25(金) 06:37:59
>>27
人なんて食べません。これは狼の肉です。

29 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/25(金) 07:22:25
梅の実って青いのをそのままパクっと食ってたのかな

30 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/25(金) 07:28:58
調味料としての使用のほうが多かったと聞く>梅
しかし梅といえば「梅酸止渇」だが、喉からっからのところにその渇きがいえるほど青梅食ったら中毒死せんのだろうか。
結局梅林はなかったので問題ないんだろうが。

31 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/26(土) 12:11:53
にら

32 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/26(土) 14:34:10
>>27
曹丕は王忠が人肉を食べた事をからかって
頭蓋骨を持って来させたという事だが
程立はからかいの対象にはしなかったのかな
重用してるし曹丕の気に入りかな

曹丕は食べ物にまつわる逸話がやたら多い
本人はサトウキビで剣道をするほど果物好きの甘党だが
曹彰に毒入りの果物を食べさせたり
孟達から、蜀では肉を食べる時は蜜をかけて
味を濃くする事を記録したり

この時代の肉は、殆どが茹でるか煮る事で食べたのだろうが
(調理器具の殆どが土器だから)
肉汁が抜けるまで茹でたから
蜜をかけて味を付ける必要が有ったんだろうか

33 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/26(土) 15:04:47
下ごしらえに肉を蜂蜜に漬け込むと
臭みがとれて肉質も柔らかくなる

34 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/26(土) 17:11:29
>>22
なるほど
ずっと中華料理みたいのを想像してたよ

35 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/26(土) 21:11:02
野菜は完全無農薬だから味が濃くて美味いはず
逆に食肉なんかは家畜が美味く食える飼育方法が確立してないから、かたくて臭いと見た

魚は現代と変らないけど、ほとんどの場所では泥臭い川魚しか食えなかっただろうな
石炭をつかった高火力料理も登場はまだまだあとだし

36 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/26(土) 22:04:37
目玉焼き


37 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/26(土) 23:56:04
>>36
えぐいですな

38 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/27(日) 04:43:41
>>34
宋の時代にコークスの利用が始まり中華料理の素地が誕生したといっても過言ではない
ここから中華鍋で豪快に揚げたり焼いたり香辛料ぶっ掛ける料理が主流になった
だからそれ以前の時代だと冷めた料理比較的多く生魚もよく食べられてた
イメージとしては懐石料理のような感じだったらしい
もちろん餃子とか麺類はすでにあったみたいだが、とにかく今知られてる中華料理とは懸け離れていた

39 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/27(日) 06:09:22
呉の人物の張翰の好物は蓴菜の吸い物と鱸の刺身
まるで京料理だな

40 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/27(日) 12:15:18
とにかく魏なんかは禿山で薪資源すらなかったからな

蜀は豊かスレによると
薪資源豊富な蜀は既に火力を使った四川料理の原点みたいのを作ってた

41 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/27(日) 14:11:19
>>35
逆。
野菜は品種改良がなされていないので、
今売られているものとはかけ離れた野生種で、味も栄養も悪い。
米や麦なども穂が多くあるのが普通のように思えるが、
あれも品種改良を続けて増やした、人工的な産物。
また中国原産以外の野菜(例えば人参やキャベツ)はほとんど伝わっていない。

動物は、例えば豚も家畜化されておらず、まだ猪のまま。
脂肪は少ないものの天然のエサで育ち、運動量も豊富なので健康的。


>>40
露骨過ぎる自演だな

42 :41:2010/06/27(日) 14:15:53
>>35
ちなみに小麦で言えば、昔は一つの穂から1粒か2粒しか収穫できなかった。
それが現代の日本では50粒にもなる品種が植えられている。

43 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/27(日) 15:19:45
劉備が、逃走中に、匿ってくれた家で、人肉を食べたらしい。
その人肉は、あるじの子供のものだった。

そこまで、劉備は庶民に愛されていたという。

44 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/27(日) 15:23:10
>>43
主の奥さんだよ。

45 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/28(月) 01:03:39
奥さんがまだ子供だったとか

46 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/28(月) 13:44:05
実話でも、司馬炎は
人の乳で育てた豚を食べさせられたと知って
気分を悪くしたそうだから
人肉を食べる習慣の無い人間も大勢いた事だろうよ

47 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/28(月) 20:13:33
曹丕が、飢えて人肉を食った王忠を小馬鹿にしてたね。
庶民は口にする機会も多かったろうが、
ある程度以上の経済力のある人間は食わないんじゃないのかな。

48 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/29(火) 13:28:22
饅頭も生贄の代わりに考え出されたものなんて言われるし

49 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/29(火) 13:59:03
>>48
それは孔明を持ち上げる為の、後世の創作。
他にも気球とかあるよ。

ちなみに小麦の生産は益州や南蛮(ベトナム)のような湿潤な気候に合わず、
逆に米の生産に適しているので今でも麺や春巻きの皮などを米粉で作っている。
当然ながら小麦粉を練って人間の頭部を模した生贄の代用品を作ったなんてのは、
原料となる小麦の入手が非常に困難なので無理。

50 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/29(火) 14:52:00
肥が昔出してた爆笑三国志で孔明が四川の辛い料理に馴れなくて
北伐を目指してたとかいうギャグを書いてたけど案外当たってたりして
当時は麻婆豆腐もケーキもないけど

51 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/29(火) 16:16:45
饅頭の「じゅう」がなんで「頭」なのかが気になる

発明したのが孔明じゃなくてもいいんだけど
やっぱり、人の「頭」を模してつくったから?

52 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/29(火) 16:23:38
よく考えたら「頭」という漢字って面白いなぁー
豆に頁。元は食べ物系の漢字だったりするのだろうか

53 :無名武将@お腹せっぷく:2010/06/30(水) 22:36:39
姜維も、豆腐に関する逸話が有ったな
豆腐を剣門関の名物にしたという話

>>47
李カクは献帝に牛の骨を食べさせたらしいが
人の骨じゃないだけマシかな

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)