2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)空中庭園と海底都市のようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:33:18.73 ID:NdVfLd7z0
まとめてくださっているサイト様
http://localboon.web.fc2.com/097/top.html


マップみたいなの
http://up3.viploader.net/ippan/src/vlippan125974.gif
ジャックの剣・ジルの剣・リッパー・マーダー
http://viploader.net/ippan/src/vlippan125975.gif


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:35:06.57 ID:NdVfLd7z0
今更だけど、うpろだ総合専用だということに気がついた
消そうと思ったけどパスが違う、だと?
うわあああああぁあああぁあああああああ!!


空気と言われようが邪魔と言われようが
とりあえず完結させたい

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:36:48.11 ID:NdVfLd7z0
『四話目 交響曲3』




[1.かこのはなし]


僕の名前はホワイトチャペル。この世界の名前も、ホワイトチャペル。
僕は世界。この世界自身だ。
けれどちゃんと人間だった。ただ、人とは違う不思議な力があっただけ。

だから僕は、この世界の王様だったんだ。
二つの国を統べる、王様。


―それが僕だ。僕は、空の国≠ニ海の国≠統べる王だったんだ。

('A`)「…そんな話、聞いたことないぞ?」

( ^ω^)「僕たちの歴史の記憶が無いのと、関係しているのかお?」

―…まあね。でもまだまだここからだよ。
 僕の自己紹介はこれくらいにして、そろそろ過去の話を…


そこで一瞬チャペルが喋るのをやめて、また喋りだした。




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:37:50.71 ID:NdVfLd7z0


―…と、その前に…僕は決着を付けなくちゃ、いけないみたいだな。

( ^ω^)「?」




―二人とも。ギコを、倒したい?




(;^ω^)「へ?」

(;'A`)「へ?」


チャペルに言われると、不思議な気持ちになる。
宣戦布告してきたギコと戦って勝たなければ、という気持ちはあったけど、
倒したいか、と改めて聞かれるとそれはどうなのだろうか。

それよりも自分達がいない間、自分達の国が闇の国に皆殺しにされていないか
気になって気になって仕方なかった。


―国が気になるのなら、僕にギコを倒すチャンスをくれないかな。
 そして僕がギコを倒すまでの、その間に過去を見せるから。


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:39:37.98 ID:NdVfLd7z0

(;^ω^)「ちょっちょっ、ちょっと待ってくださいお」

(;'A`)「何でチャペルがギコを倒す必要があるんだ?」

―……。それを言われたら、どうか分からないな。
 …今は、ね。
 昔は二つの国を統べてたことから分かるだろうけど、王だったんだよ。
 ちゃんと、人間だったんだ。
 何で僕がギコを倒さなきゃいけないかは、過去で分かるから。
 まあ今の僕は肉体が無いんだけどね。

(;^ω^)「なら、肉体が無いのにどうやって戦うんだお!?」


―…………。これも、後でちゃんと分かるから。
 だから、ギコを倒す間だけ、

―君達の肉体と、君達の剣を、頂戴させてもらうよ。


(;^ω^)「おお!?」

(;'A`)「はいいっ!?」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:41:31.74 ID:NdVfLd7z0

―ごめんね。君達には自我があるのに…。
 けれど、絶対倒して、ギコとの決着を終わらせてみせる。
 秩序が戻れば、より良いのにな…。

―さあ、さあ…。


すると、くるくるくるり。体はぐるぐる回ってく。
体はどんどんねじれていって、すべてが混ざっていく。
真っ白だった世界は、更に真っ白になって、騎士の姿すら見えなくなってしまった。


(;'A`)「え、うわああ、眩し………あ…れ…」

(;^ω^)「ぐ、ぐるぐるまわってるおー…」


―さあ、戻って来い。そして剣も。




いつの間にか白い世界は無くなっていて、

誰もいなくなっていた。





7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:41:45.35 ID:V53zR2tnO
きたこれ支援

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:41:58.09 ID:V53zR2tnO
支援

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:42:05.33 ID:V53zR2tnO
しえ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:43:47.71 ID:NdVfLd7z0


[2.すべてのはじまり]



いつだっただろうか。とても昔だった気がする。
僕は、花畑で豪快にすっ転んだしぃを起こして、
泣いている顔を見ながら、慰めていたんだ。


(*;ー;)「うぇええぇええん」

( ゚−゚)「…ホラ、なみだふいて」

(*;ー;)「だって、いたいよう!ちがでてるよう」


けれどしぃは血が怖いらしく、一向に落ち着こうとしない。
それでも僕は慰めようとして、魔法の言葉を唱えてあげた。

よくあるおまじないをしぃにしてあげたんだ。


( ゚−゚)「だいじょうぶだよ。かすりキズだよ。ほら、いたいのいたいのとんでけー」


痛いの痛いの、飛んでいけって。


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:44:27.30 ID:NdVfLd7z0


(*;ー;)「いたいよう」


それでも泣き止まない。だから僕は、人の体について教えてあげた。
人の体は、そんな小さな傷ではへこたれないんだ。
人の体は凄いんだぞって、教えてあげたんだ。


( ゚−゚)「いいことおしえてあげるね!
    ヒトのからだのなかには血小板っていうものがあって、
    それがキズをちゃんとふさいでくれて、なおしてくれるんだよ。
    だから、まってて。なおるのをまっていて。
    まってればかならずいたいのもとんでって、しかもちゃんとなおるんだ!」

(*;ー;)「ぐすっ…。なんでもしってるんだね」

( ゚−゚)「ぼくはものしりだからね」


僕としぃはとても仲良しだった。
それはもう、とても、とても。小さい頃から、とても仲良しだった。


(*;ー;)

(*-ー-)



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:45:14.35 ID:NdVfLd7z0

(*゚ー゚)「なんだかげんきがでてきたみたい。ありがとう!」

( ゚−゚)「げんきでてきた?それはよかった!」

(*^ー^)「えへへ…」


しぃは涙を拭いて、僕に笑ってみせた。


( ゚−゚)「おおきくなったら、ぼくがまもってあげるから」

(*゚ー゚)「…うん」

( ゚−゚)「だから、もうないちゃだめだよ」

(*゚ー゚)「うん」

( ゚−゚)「わらってるほうが、ぜったいかわいいから」

(*゚ー゚)「…うん!」



―ピッ―




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:46:36.19 ID:NdVfLd7z0


( ゚−゚)「おとなになったら、ぼくたちけっこんしようね」


僕たちは仲良しを超えて、恋人のような関係になっていた。
とても仲良しで、そして恋人。
僕たちは、将来を誓い合ったほどの仲だった。


(*゚ー゚)「もちろん!ぜったい、ぜったいやくそくだよ!」

( ゚−゚)「わかった。やくそくな!」


そしてしぃは小指を差し出して、僕も小指を差し出した。
その小指と小指でしっかりつかむ。


(*゚ー゚)「ゆーびきーりげーんまーん」

( ゚−゚)「うーそつーいたーらはーりせーんぼーん」

(*゚ー゚)「のーます」

( ゚−゚)「ゆーびきった!」


指切りの小指が、離れた。


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:47:48.35 ID:NdVfLd7z0


(*゚ー゚)「やくそく、だよ」


約束したんだ。将来を誓って。そして結婚すると。

約束したんだ。




―ピッ―




ギコが初めてしぃに出会ったのは、あの約束をしたすぐ後だった。
花畑で出会ったらしい。


(,,゚Д゚)「…あっ」

(*゚ー゚)「あっ」


しぃは、花を摘んで帰るところだった。
広い花畑に、少年少女が二人。



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:47:58.53 ID:/mvBPhz7O
なにこれなにこれ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:48:40.99 ID:NdVfLd7z0

(,,゚Д゚)「あの…」

(*゚ー゚)「なぁに?」

(,,゚Д゚)「えと、あの…その」

(*゚ー゚)「?」


しぃは可愛い。だからこそ、口が上手く動かなくなってしまう。


(*゚ー゚)「どうしたの?」


可愛い少女は、ギコの顔を覗き込んだ。


(,*゚Д゚)「あ…」

(,* Д )「あ…の……」


(,* Д )「ええと…えっと…えっと」


こんなにも近距離に女の子の顔があると、流石に顔が赤くなってしまう。



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:49:36.68 ID:NdVfLd7z0

(,*゚Д゚)「あああ…やっぱり…」

(,* Д )「やっぱり、なんでもない…」


何を言おうとしたのかも忘れてしまった。


(*゚ー゚)「…?」

(*^ー^)「ふふっ、へんなの」


笑う少女は、より可愛かった。


「しぃー」


そのとき、誰かがこちらへ走ってきた。


(*゚ー゚)「あ」

( ゚−゚)「虹色の花、見つかった?」

(*゚ー゚)「うん、ホラ!」

( ゚−゚)「何かを守っているような花弁。やっぱり綺麗だな」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:50:37.82 ID:NdVfLd7z0


ギコは気を落とした。しぃには仲のいい男がいたんだ。
仲良さそうに会話する二人を見て、少し嫉妬している自分がいた。


(,,゚Д゚)「……」

(,, Д )「………」


この気持ちは何なのだろうか。

今初めて出会ったばかりの少女に、恋をしたとでも言うのだろうか。


(,, Д )「…そりゃそうだよな」


ただ仲の良い二人を見つめていた。









19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:50:57.29 ID:JZDhGyxq0
さるくらいそーな勢いだな
支援

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:51:40.05 ID:NdVfLd7z0


[3.むかしのはなし]



あれから何年も経った今現在。
チャペルは、この世界を治める立派な王となっていた。

まだ闇の国が無かった時のおはなし。
この世界に国は二つだけで、争いなんてものは無かった。

この世界を治める王は、《マーダー》という大きな剣を持っていた。
その剣は、しぃの歌に反応して、黄色く光る。そして強くなる。


そして何より、ホワイトチャペルという人物には、不思議な力≠ェあった。


年に一度だけ、過去へ戻る≠アとができるというものだった。
現在から、一年前≠ノ、戻ることができるのだ。



過去へ戻ったチャペルによって、世界の秩序が保たれいた為、
争いなんてものは無かった。

元々この世界の人々は、争いなんて好まない優しい人たちだったから、
というのもあるが、一番はチャペルの力が大きかった。


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:53:23.26 ID:NdVfLd7z0



二つの国は一人の人物が治めていたため、
国の戦士達は皆、国々に分かれることなく存在していた。

沢山の戦士達と共に、女神と、騎士。
その人々が、世界を治める王を支えていた。

空の国には空王がいて、海の国には老いぼれた海王がひっそりといた。
空の住人も、海の住人も、皆いた。

大きく違うのは、今この世界にはブーンも、ドクオも、ツンも、クーもいない。
ジャックの剣も、ジルの剣も、アコーディオンも、ヴァイオリンも。
そこには、いなかった。







そして王は今、空の国にいた。








22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:55:07.31 ID:NdVfLd7z0






( ゚−゚)「お腹空いた」


ワイワイと賑わう青空市場に、王はいた。


(*゚ー゚)「美味しそうな果物が沢山あるね」


王は、一人の女神と二人の騎士を連れて、街中を歩いて回った。


( ´_ゝ`)「キウイフルーツに」

(´<_` )「パイナップル」


空にも海があるかのような、真っ青な空の下。
艶やかな野菜や果物が沢山売られている。


( ゚−゚)「僕は果物が大好きだよ。街の果物は絶品だ」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:56:08.79 ID:NdVfLd7z0


すると、果物を出している店の男が、王に話しかけてきた。


#「王様、王様、そんならこのドリアンはいかが?」


男は、大きなイガイガのついた甘ったるい異臭を放つ何かを、王に差し出した。


( ゚−゚)「これは何だい?」

#「これはドリアンというものです。果物の王と呼ばれているんですよ。
 王様の果実、とも言うそうです」


騎士の兄者と弟者は、その差し出された果物に顔を近づけ、
甘ったるい匂いを嗅いでみた。


(;´_ゝ`)「うわっ…近距離だとかなり臭いですね」


その匂いの強烈さに、思わず鼻をつまんだ。



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:57:23.74 ID:NdVfLd7z0


(´<_` )「果物の王、か。王様にピッタリじゃないですか」

( ゚−゚)「王と呼ばれるくらいなんだから、とても美味しいのかな」

#「ええ、そりゃあもう絶品ですよ!」


けど男は、一つの注意を王に促した。


#「先ほど匂いを嗅いでもらったことから分かるでしょうが、
 吐いてしまう人もいるくらいに匂いが強烈ですので、
 そこは気をつけてください」

( ゚−゚)「ふむー。でも味は良いんだよね?じゃあ一つ買おうかな」

#「ありがとうございます」


しぃがお金を男に渡し、男はドリアンを大きな包丁で真っ二つにして、
真っ二つになったドリアンを王に手渡した。


( ゚−゚)「言われたとおり匂いはとても強烈だね。
    とても良い匂いだとは言えないなぁ」


クリーム状の果実を、スプーンですくって口に運んだ。

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:58:32.35 ID:NdVfLd7z0

(*゚−゚)「…甘い」


一口入れると、口の中で何とも言えない甘味が広がった。


#「ええ、とても甘くて、美味しいでしょう?
 しかもドリアンは栄養豊富なんですよ」

( ゚−゚)「そうなの?いやそれにしても美味しいね」


王は暫くドリアンを食べていたが、自分ばかり食べては勿体無いと、
女神に、騎士に、男に、周りにいた人々に、ドリアンを分けて与えた。


(*゚ー゚)「そんな、これはチャペル君のだよ。悪いよ」

( ゚−゚)「いいんだ。美味しいものは皆で食べるともっと美味しいよ!」

#「ああ、ああ…王様、ありがとうございます」


皆で一緒にドリアンを食べた。
とてもとても美味しかった。





26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:00:21.77 ID:NdVfLd7z0



ドリアンを皆で食べて、海の国へと行く道中。
海の上に浮かぶ陸で、ばったりギコと会った。


(,,゚Д゚)「…久しぶりだな」

( ゚−゚)「暫く、だね」


しぃとギコが初めて出会った時に、同時にギコとチャペルは知り合った。

その後、友達≠ニ呼べるほどの仲になっていていたが、
ここ暫くの間、全然顔を見ていなかった。


(,,゚Д゚)「……すまない、少ししぃと話をさせてくれないか?」

(*゚ー゚)「私と?」

( ゚−゚)「分かった。じゃあしぃ、僕らは先に海に行くから」

(*゚ー゚)「うん」


王と騎士は海の方へと、
そしてギコとしぃは、あの花畑へと向かった。


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:01:28.08 ID:NdVfLd7z0




(,,゚Д゚)「ここ、覚えてるか?」

(*゚ー゚)「覚えてるよ」


一面綺麗な花、花、花。色とりどりの花たちが、風にゆられて踊ってる。
赤い花、青い花、黄色い花、紫の花。
沢山の花たちは凛と、この地に咲いていた。


(,,゚Д゚)「あの、さ」

(*゚ー゚)「なあに?」

(,* Д )「しぃは…俺のこと、好きか?」

(*゚ー゚)「もちろん!」

(,*゚Д゚)「えっ!?」



(*゚ー゚)「チャペル君のお友達だもん。それに、私の友達でしょ?
    もちろんギコ君のこと大好きだよ!」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:02:44.61 ID:NdVfLd7z0



(,,゚Д゚)「あ…」

(,, Д )「……うん」


しぃとチャペルは、恋仲だとは知っていた。
それでもギコはしぃの事が好きだったんだ。

だけど、少しの希望は、すぐに砕け散った。


(,,゚Д゚)「しぃは、チャペルと結婚するの?」

(*゚ー゚)「そうだよ。昔ね、約束したの。この場所で約束したの」

(,,゚Д゚)「…この花畑で?」

(*゚ー゚)「うん」

(,,゚Д゚)「……そっか」


(,, Д )「…そうだったんだ…」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:05:16.96 ID:NdVfLd7z0

しぃとチャペルはこの場所で、結婚の誓いと約束をした。
皮肉なことにその場所で、ギコとしぃは出会ったのだ。
しかも、ギコはしぃに恋をした。


(,, Д )「話はこれだけ…だよ」

(*゚ー゚)「そっか。じゃあ私はチャペル君の所へ行くね」

(,, Д )「…ああ」


可憐な少女は、ギコに無邪気に手を振って、海の方へと走っていった。



(,, Д )「……なんで、こんな思いをしなくちゃいけないんだ」



王でも、騎士でも、戦士でも、兵士ですらない、ただの人間のこの自分が。
どうして女神になんて恋をしてしまったんだろう。
あの無邪気な笑顔が、頭から離れることは無かった。

分かっているからこそ、辛く、苦しかった。





30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:06:39.70 ID:NdVfLd7z0





広い広い、そして青い海。
そこでは人間は人魚≠ニなり、海を優雅に泳いでいく。
キラキラと輝く鱗は、海に深く潜るにつれて輝きを失っていった。


( ゚−゚)「暗い」

(´<_` )「灯り」

( ´_ゝ`)「ほいさ」


灯りが点され、少し周りが明るくなる。


( ゚−゚)「そうだ」

(´<_` )「?」

( ゚−゚)「しぃが来るまで暇だから、海中鬼ごっこしよう」


王様が「鬼ごっこをしよう」と言い出した。
それほど暇なのか。


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:08:38.38 ID:NdVfLd7z0

(´<_` )「なに」

( ´_ゝ`)「それ」


( ゚−゚)「…海中鬼ごっこ」


( ´_ゝ`)「うん…」

(´<_` )「…で?」

( ゚−゚)「さーいしょーはグー!」

(´<_`;)「やるのか」


三人は手を出して、ジャンケンをした。

兄者はチョキ、弟者もチョキだったが、
チャペルはパーを出してしまった。


( ゚−゚)「…言いだしっぺって大体は鬼になるよね」

( ´_ゝ`)「わーい」

(´<_` )「にげろー」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:09:50.46 ID:NdVfLd7z0


チャペルは数を数え始める。


( ゚−゚)「いーち、にーい、さーん……」


数を数えている間に、兄者と弟者は急いで逃げていった。
二人は泳ぐのは得意な方だから、この海の中を逃げ切る自信はあった。
だが、



( ゚−゚)「………しーごーろくひちはちくうじゅ、ひゃく!」



数える早さは、あまりにも早すぎた。



(;´_ゝ`)「えちょおま」

(´<_`;)「数えるの早いよ早すぎるよ」

( ゚ー゚)「さあ行くぞーどんどん行くぞーかまわず行くぞー」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:10:55.18 ID:NdVfLd7z0








向かってきたのは、凄い険相の、チャペルと思わしき人物。

もの凄い勢いで泳いでくる。まさに鬼だ。

というよりも、潜水艦から放たれた魚雷≠フようなものだろうか。

凄まじい水の音が遠くからでも聞こるくらいに、

それはもう、恐ろしいくらいに速く泳いでいた。


( ゚ー゚)「アハハ八八ノヽノヽノヽノ \/ \/ \」


不気味な笑い声と共に、魚雷≠ェこちらへ向かってくる。








34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:11:44.08 ID:NdVfLd7z0



(;´_ゝ`)「速ッ!泳ぐの速ッ!怖ッ!!」

(´<_`;)「ねえこれ面白いですか!?面白いですか!!??」

( ゚ー゚)「ネッ?迫力のある鬼ごっこでしょ?」

(´<_`;)「ネッ?じゃねええええええええええ」

(;´_ゝ`)「何この恐怖感!何この恐怖感!!」

( ゚ー゚)「うーみーはー広いーなー大きーいーなー」

(;´_ゝ`)(´<_`;)「もう嫌ああぁぁあああぁああああ!!」


迫り来る魚雷≠ゥら、兄者と弟者は必死に逃げた。

それはもう、これ以上無いかというくらいに必死に逃げた。





35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:13:36.22 ID:NdVfLd7z0





暫く魚雷≠ニ迫力のある鬼ごっこを続けていたが、
ついに捕まってしまった。しかも二人同時に。


( ゚−゚)「捕まえたー!」

(;゚_ゝ゚)「ハァー、ハァー、ハァー、ヒュー、ハァー」

(゚<_゚;)「ゼーハー、ハァハァ、ヒュー、ハァー…オエッ…ハー」


行き絶え絶えの二人をタッチして、チャペルは鬼ごっこ終わらせた。


( ゚−゚)「この分だと二人とも、鬼になるのは無理そうだね」

(゚<_゚;)「ハァー、ハァー、そりゃ、ハー、あんた…ヒュー」

(;゚_ゝ゚)「水ん中で…ハァー、これ、ゲホッ、地獄だろ、ヒュー、ハァー」


二度と海中鬼ごっこはやりたくないと思う兄者と弟者だった。
だって鬼ごっこなのに鬼ではなく、恐ろしい険相をした魚雷が追ってくるのだから。



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:15:51.97 ID:NdVfLd7z0


( ゚−゚)「鬼ごっこ終わっちゃったし、早くしぃが来ないかな」


平気な顔をしているチャペルを他所に、兄者と弟者は必死に息を整えていた。






暫くすると、上の方から誰かが泳いでくる音がした。


( ゚−゚)「…あっ」


人魚の姿で泳いできたのは、しぃだった。
スイスイとこちらへ向かってくる。


(*゚ー゚)「ごめんね、遅くなっちゃった」

(;´_ゝ`)「遅い!!」


兄者が一喝入れる。



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:16:31.98 ID:JZDhGyxq0
支援

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:17:23.04 ID:NdVfLd7z0

(;*゚ー゚)「…どうしたの?」

(´<_`;)「あなたを待っている間に地獄を見た」

(;´_ゝ`)「死ぬかと思った」

(;*゚ー゚)「……なんだかよく分からないけど、ごめんね」


しぃが来たところで、早速海の国へ向かおうとした。


( ゚−゚)「じゃあ早速海へ………」

(;゚−゚)「アレッ」


泳ごうとしたチャペルは、異変に気付く。


(*゚ー゚)「どうしたの?」





(;゚−゚)「…さっきので足が…攣っちゃったみたい」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:18:59.59 ID:NdVfLd7z0


( ´_ゝ`)「あんたばかぁ?」

(´<_` )「ばかだ」


足、尾を動かすと、痛みが走った。
あれだけ泳いだのだから当然だろう。


(*゚ー゚)「さっきのって何かしら?
    …まあいいや、とりあえず引っ張っていってあげる」


しぃと兄者と弟者に引っ張られ、チャペルは海の国へと向かった。


(´<_` )「いざ、我が出身国へ!」

( ´_ゝ`)「そうか、そういえば弟者は海の国の出身だったな」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:19:54.73 ID:NdVfLd7z0

(*゚ー゚)「あれ?それじゃあ兄者さんも海の出身?」

( ´_ゝ`)「いや、俺は空だ」

(*゚ー゚)「えっ?二人は双子なんだよね?」

(´<_` )「実は双子じゃなくて、普通の兄弟なんだ」

( ´_ゝ`)「よく双子と間違えられるけどね」

(;*゚ー゚)「えええっ!?双子じゃなかったの…?」


思わず、チャペルを引っ張る手の力が強くなってしまった。


( ゚−゚)「痛い痛い」

(;*゚ー゚)「あ、ごめん」


改めて、海の国へと向かった。








41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:20:43.84 ID:V53zR2tnO
しえしえ

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:20:53.51 ID:V53zR2tnO
おしえん

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:21:05.42 ID:V53zR2tnO
しえーん

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:22:13.32 ID:NdVfLd7z0


[4.秩序]



空の国でとある事件が起きた。

二人の男が、残虐な殺人事件を起こしたのだ。

傍にいた女は、それを手助けしたらしい。

被害者は10名以上。


その男女を成敗すれば事は収まるだろう。

けれどその殺された沢山の人々は、もう戻っては来ないんだ。


だからこそ、ホワイトチャペルの力が必要とされた。

年に一度、その年が終わってしまう日に、一年前に戻る≠フだ。

年に一度しか使えないからこそ、何かが起これば一年分を遡って、

そこから一年分の悪い出来事を正していく。



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:22:43.56 ID:NdVfLd7z0
ミス 二人の男→一人の男

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:23:41.87 ID:NdVfLd7z0


(*゚ー゚)「チャペル君の力のことは、皆が知っていからこそ
    今まであまり悪いことは起こらなかったのに」

( ゚−゚)「僕の力を知っているのか、それとも知らなかったのか、
    …僕が正すことを前提に行ったことなのか」

(*゚ー゚)「何にしろ、放ってはおけないね」

( ゚−゚)「…そうだね。明日は丁度、年の終わる日だ。明日行くよ」

(*゚ー゚)「分かった」


年の終わる日は、一番忙しくなる。
チャペルは明日、過去に戻る。







47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:25:15.77 ID:NdVfLd7z0



次の日。

チャペルは早速、力を使った。


( ゚−゚)「…じゃあ、行ってくるから」

(*゚ー゚)「うん」


だんだんチャペルの姿は薄くなっていって、背景が透けて見えるほど薄くなって。
まるで蝋燭の火が消えるみたいに、薄く、薄く。

そして、消えた。





チャペルは、沢山の数字が羅列してある空間に飛ばされた。
まるでカレンダーのように並んだな、沢山の数字。

そこで、チャペルは364≠フ数字を見つけた。


( ゚−゚)「この日、だよな。大きな出来事があった日は」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:26:07.79 ID:NdVfLd7z0


その数字に近づいて、触れる。
瞬間、空間がぐにゃりと歪む。

数字の空間は歪んで、歪んで、そして元の世界になった。

ホワイトチャペルの世界に戻っていった。







一年前≠ノ戻ってきて、そこからまた始まった。



チャペルは一年を遡って、遡って、遡って。



やっと、364日に辿り着いた。







49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:27:56.68 ID:NdVfLd7z0



空の国、街角の小さな小さな家。
その小さなおんぼろの家には、とある夫婦が住んでいた。

夫婦にはお金が無かった。だから、穴の開いた屋根を直すことができずにいた。
家の至るところに隙間がある。


##「あなた。私達はどうしてこんなに貧乏なのかしら」

#「…全て国が悪いんだ。俺達は十分がんばっている」

##「……そうね。これだけ頑張っても報われないなんて」


周りの家は比較的綺麗なのに、この夫婦の家だけが目立っていた。


#「チッ、お国の王は世界をまとめるのに精一杯ですってか。
 貧乏人に金をくれたっていいだろクソ」


男は舌打ちをした。


#「…そうだ」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:28:39.40 ID:V53zR2tnO
支援

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:29:06.45 ID:NdVfLd7z0

暴言を吐いている男が、何かを思いついたように女を見る。


##「何?」

#「国に、俺達の存在を教えてやるんだ」

##「どうやって?」



#「…この国は殺人なんてもの、滅多にあるもんじゃない」



##「………。ちょっと、それまさか…」

#「ああ、そのまさかだ」

##「やめてよ、息子がいるんだから。そんなことしたら…」

#「俺は大真面目に言っているぞ」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:29:51.54 ID:NdVfLd7z0



チャペルは、聞いていた。ずっとその話を聞いていた。

家の外でそれを聞いていたチャペルは、玄関のドアを開けて、
ついに夫婦に話しかけた。
ギギギ、と、ドアの開く音がする。



( ゚−゚)「こんにちは」


#「誰だッ!?」



男はとても驚いた様子で、玄関の方を振り向いた。


( ゚−゚)「僕はホワイトチャペル」

#「ホワイトチャペルゥ?」


聞いたことのある名前だが、なかなか思い出せない。


##「…あなた、待って。ホワイトチャペルってもしかして」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:30:38.38 ID:NdVfLd7z0


##「王様、じゃないかしら」



#「……あ」


#「ああぁあああぁああああッ!思い出した!!」


( ゚−゚)「どうも」


特に動じる様子も無く、チャペルはずいずいと家の中に入っていった。


( ゚−゚)「ダメだよ。殺人は、ダメ」

#「……聞いてやがったのか」

##「というよりも、何で王様がこんなところに…?」


( ゚−゚)「君たちは、後で10人以上の人を殺してしまう。
    だから僕は、それを止めに来た。君たちと話し合いたい」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:31:32.81 ID:NdVfLd7z0

チャペルは夫婦に近づいて、男と女の目をしっかりと見た。


( ゚−゚)「お願いだから、殺さないでください」


そして、深々と土下座≠した。


##「えっ…ええっ!?ちょ、ちょっと、顔を上げてください!」


女はそう言ったが、男はふてぶてしい顔をしていた。


#「…残念だが、そのお願いは聞き入れられない」

( ゚−゚)「どうして?」

#「俺は国を恨んでいる。大量に税金を奪っていきがって、
 自分達は贅沢な暮らしをしているんだろう?」

( ゚−゚)「それは違います」

#「どこが違うんだよ!俺達の金も奪っていきやがって、
 俺達は金が無くてこの通りだ!!全部お前のせいだろう!?」

##「ちょっと、落ち着いてよ…」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:32:17.60 ID:NdVfLd7z0


女は、男を落ち着かせようとしたが、男は興奮するばかり。


#「息子だっているのに!!俺達にどうやって生活しろって言うんだよ!!
 贅沢暮らししやがって、このクソが!!クソがあぁああ!!」

(;゚−゚)「違う。お金はちゃんと国のために使っています。
    僕たちは、それに沿った生活をちゃんとしています」

#「うるせぇ!ならお金を返せ!金を出せ!!」


男は、台所にある包丁を持ってきて、チャペルに突き出した。


#「殺す、殺してやる、殺す!!」

##「ちょっと、興奮しすぎよ!いくらなんでも王様殺しちゃだめでしょう!!」

(;゚−゚)「待って、話を聞いて。殺しを思いとどめてください。
    話を聞いてください。お願いします」


土下座していたチャペルは立ち上がって、男をなだめようとする。
だが、男の包丁を持つ手は、震えていた。




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:33:41.95 ID:NdVfLd7z0


#「他にもっと良い人材がいるはずだ!!そいつらを王様にすればいい!!
 こいつはもうダメだ、殺さないと!!」


男の言っていることは、殆ど妄想だ。
興奮しすぎて現実が見えなくなってしまったのだろうか。


と、男の包丁を持つ手が、

チャペルに振り下ろされた。


(;゚−゚)「!!」


けれど、チャペルはとっさに男の振りかざした包丁をかわした。


#「うわあぁああぁああああぁああああ」


男は、精神状態が元々良くなかったのか、
理性を失っていた。

あのとき殺人を起こしたときも、こんな状態だったのだろうか。



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:34:44.29 ID:V53zR2tnO
しえ

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:34:53.60 ID:NdVfLd7z0








けどそのとき おんぼろだった家の柱は


傷みが限界に達していて


男があまりにも暴れていたため その限界は 限界を超えた




そして大きく軋む音が響いたかと思うと








天井が 落ちてきた


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:35:38.62 ID:NdVfLd7z0














瞬間 その場の時間が止まった気がした
















60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:37:01.26 ID:NdVfLd7z0






( − )「……ただいま」


チャペルは、元の世界に帰ってきた。

過去から現在に戻るため、時間はほんの少ししか経っていない。
だがチャペルは、確実に一年分の時間を体感していた。
それはとても気が遠くなるような話。

少し埃まみれだったが、しぃはチャペルの帰りを心から喜んだ。


(*゚ー゚)「おかえりなさい。チャペル君、上手くやったのね!
    事件が無かったことになってるよ!皆生きてる!!」


けれど、チャペルは浮かない顔をしていた。


( − )「…しぃ」

(*゚ー゚)「なぁに?」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:37:54.10 ID:NdVfLd7z0









( − )「僕が…



( − )「本当に、僕が王様でいいんだろうか?」







(*゚ー゚)「えっ…」









62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:39:21.89 ID:NdVfLd7z0



チャペルは、しぃに先ほどの出来事を話し始めた。


話をつけてこようとしたが、包丁を振り下ろされたこと。
けれどその後すぐ、おんぼろ家の天井が落ちてきたこと。
チャペルは何とか逃げれたが、男女は家の屋根に下敷きになってしまったこと。

助けることすら、できなかったこと。


( − )「僕は…僕はただ…殺人をやめてほしくて…。
    でも二人とも死んじゃって、僕には何もできなくて…」

(*゚ー゚)「………」

( − )「僕は貧乏な人々のために、何もすることができなかったんだ。
    しかも殺人を止めるどころか、見殺しにしてしまった」

(*゚ー゚)「………」

( − )「僕はどうしたいい?僕は本当に王様なのかな?」


涙声のチャペルに、しぃはこう言った。




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:39:56.29 ID:7/0jNWml0
支援

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:40:28.39 ID:NdVfLd7z0

(*゚ー゚)「…二人の命を失ってしまったけど、罪の無い10人以上の人々を救った」

(*゚ー゚)「あなたは皆の王様なの」

(*゚ー゚)「私の、一番好きな人だから」

(*゚ー゚)「人が死ぬのはとても辛いことだよね。でも、くよくよしていられないよ」

(*゚ー゚)「だから、元気を出して」


しぃは、チャペルの手を握った。
とても暖かく、小さい手。


( − )

( ゚−゚)「……いつもしぃを慰める側なのに、今回は慰められちゃったな」


(*゚ー゚)「ふふっ…チャペル君はチャペル君だよ」


王という責任を逃れるわけにはいかない。
僕は王様なんだ。この世界の、王。

後ろを振り向けるのは、年に一度だけ。
今は、前を向くしかない。


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:41:16.25 ID:NdVfLd7z0


( ゚−゚)「僕、二人の家に行って、花束を添えてくる。
    しぃも一緒に来てくれるかな」

(*゚ー゚)「ええ、もちろん。行きましょ!」



チャペルは、庭に植えてあった虹色の花を数本摘んで、

それから他にも沢山花を摘んで、

ラッピングして、一つの大きな花束に仕上げた。


そして、小さな小さなおんぼろの家があった場所へと、

花束を添えに向かった。








66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:42:12.04 ID:NdVfLd7z0


[5.家]



364日の、あの日。二人の男女の命が消えた、あの日。


(,,゚Д゚)「…父、さん?母さん?」


ギコは、自分の家≠ノ帰ってきたはずだった。

はず、だったのに。

ここは自分の家のはずだ。それとも間違えたのだろうか。
なのにどうして、自分の家の屋根が、家を潰しているのだろうか。
どうして、そこから男女と思わしき手が見えるのだろうか。

どうして、沢山の人だかりが出来ているのだろうか。


まさか、まさか、まさか。

父親と母親は、どこだ。どこにいる。


(,;゚Д゚)「…え……」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:42:47.65 ID:NdVfLd7z0

(,;゚Д゚)「確か、父さんと母さんは、家の中に…」

(,;゚Д゚)「えっ…」




(,;゚Д゚)「…………嘘、だ…」





(,; Д )「…嘘だよ…」






(,; Д )「…嘘……だ」









68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:44:01.34 ID:NdVfLd7z0














(,,;Д;)「嘘だああぁああぁあああぁぁぁぁあああああああああ
    ああああああああああああああああああああああああ
    ああああああああああああああああああああああああ
    ああああああああああああああああああ!!!!」













69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:44:14.91 ID:DR40hEeJ0
しえ

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:44:49.94 ID:NdVfLd7z0









女の手が、ころんと転がった。














『四話目 交響曲3』end

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:46:20.54 ID:V53zR2tnO
おつかな

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:46:21.08 ID:NdVfLd7z0
交響曲3終わりました。どんどん暴いてきますよ。

支援本当に感謝です。

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 23:46:36.87 ID:JZDhGyxq0
1乙

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)