2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)空中庭園と海底都市のようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:29:33.93 ID:+q18Hn7l0
前回
一話目
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1278596995/l50
二話目準備1
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1278613049/l50
二話目準備2&三話目戦争1
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1278856501/l50
三話目戦争2&3
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1279023302/l50
四話目交響曲1
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1279182920/l50

まとめてくださっているサイト様
http://localboon.web.fc2.com/


マップみたいなの描いてみた
http://boonpict.run.buttobi.net/up/log/boonpic2_175.gif
ついでに武器
http://boonpict.run.buttobi.net/up/log/boonpic2_176.gif

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:30:34.58 ID:+q18Hn7l0

『四話目 交響曲2』




[1.黒]




生き地獄とは、これを言うのか。
真っ赤な血がそこら中に漂っていて、濁っていく海。


( A )「………」


目の前のものが、現実だとは思えなかった。


(*゚ー゚)「ドクオ、さん…」


しぃは、ただギコの隣にいるだけだった。
ただそれを見つめるだけだった。

だけどギコは、ドクオとクーを見る。
ギョロリとした目をこちらへ向ける。


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:31:44.70 ID:+q18Hn7l0

(,,゚Д゚)「…ハロー。海の騎士と海の女神、そしてその他戦士さん」


どうして、こんなにも大量の住人を殺すことが出来たのだろうか。
どうして、海の国の知恵とまで呼ばれる海王を、
ここまで傷つけることが出来たのだろうか。


(,,゚Д゚)「不思議だろ?たった二人≠ナコレを全て倒すことができたのかが」

( A )「………」

川 ゚ -゚)「その前に、君の理性を疑うよ」

(,,゚Д゚)「言ってくれるなぁ」


するとギコは剣を掲げて、何か呪文のようなものを言葉にした。





(,,゚Д゚)「3倍、開くぞ。《σκοτ?δι》」






4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:33:04.11 ID:+q18Hn7l0


その言葉を放った瞬間、ギコとリッパーは黒いものに包まれて、
体はみるみる内に真っ黒いものとなった。

紫色の目がこちらをのぞく。

この前の、空の騎士との戦いと同じ、あの姿。


川;゚ -゚)「何だ、これは!」


クーは、叫ぶ。戦士達は、驚いている。






ドクオは、



反応しなかった。






5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:34:40.61 ID:+q18Hn7l0


(,,゚Д゚)「開き過ぎると、ちょっと………アレなんでね。
    あんまり開きたくないんだが


(,,゚Д゚)「あいつめ、途中であんなこと言い出しやがって…


(,,゚Д゚)「なら最初からそうりゃ良かったのに」




すると、ギコは剣を大きく掲げ上げ、凄い勢いで海の戦士達に向かってきた。


川;゚ -゚)「速っ…!?って、皆!守りを固めろ!!早く!!」


人間は海を制した。けれど、人間は海を全て制したわけではない。

いくら人魚でも、元の人間は泳ぎが不得意なんだ。

ならば、動けない場所を逃げるより、そこで守るほうがいい。


黒い騎士はまるで、ここが空かのような素早い動きを見せた。


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:35:54.10 ID:+q18Hn7l0


( A )「………」

川;゚ -゚)「ドクオ、ドクオ!!何をしているんだ!!
     早く皆に指示を出せ!!早く!!」

( A )「………」

川;゚ -゚)「何をしている、ドクオ!!早く!!ドクオッ!!」


クーは必死にドクオに声をかける。
けれどドクオの反応はない。

黒い騎士は、海の戦士達を倒していく。


川;゚ -゚)「早く!!早く!!皆死んでしまう!!!!」




( A )「…れなかった」



川;゚ -゚)「……え?」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:36:57.32 ID:+q18Hn7l0











(;A )「約束したのに、守れなかったんだ、俺」








川;゚ -゚)「…ドクオ?」










8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:37:50.23 ID:+q18Hn7l0


なにかが流れてきた。


―?δωρ―?δωρ―?δωρ―


これは、歌?

その中に、あの呪文のような言葉があった。


―?δωρ―…君は?δωρ―?δωρ―


…何だ?


―?δωρ―だけど少し待って…―?δωρ―

―?δωρ―…を知りたいなら―?δωρ―


今、何か

歌の中に、声が…




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:38:29.48 ID:+HSrmnOj0
まってた

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:38:54.69 ID:GAOI5BPYO
ktkr支援

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:39:33.53 ID:+q18Hn7l0

だけどそのときドクオの目の前で


(,,゚Д゚)「ボサっとしてると」


二つの剣のリッパー らしき黒い剣が



(,,゚Д゚)「俺は容赦なく」



振り下ろされた








(,,゚Д゚)「殺す」






12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:40:09.06 ID:+q18Hn7l0




川;゚ -゚)「ドクオォッ!!??」








女神の叫びは


ドクオの耳に届いたけれど


すぐに声は


きこえなくなった






13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:40:58.81 ID:+q18Hn7l0


そう言えば

俺は何で 伝説って呼ばれているんだろうか

闇の国は いつ作られたんだっけ



…あれ


何でだ 俺は この世界の騎士なのに


何で







この世界の 歴史を 過去を

覚えていないんだ?




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:41:55.47 ID:+q18Hn7l0


[#.?]



(,, Д )「…ハッ」

(,,゚Д )「ハハハ…」

(,,゚Д゚)「ハハハハハハハハハハハ!!」

(,,゚Д゚)「ハハハハハハハハハハハハハ
    ハハハハハハハハハハハハハ
    ハハハハハハハハハハハ!!」

(,,゚Д゚)「もう、どうでもいい」

(,,゚Д゚)「そうか…あいつは……。いや…」

(,,゚Д゚)「…殺してしまえ。全て。全てを」


(,,゚Д゚)「全て消せ」



(,,゚Д゚)「消して、しまえ。そして俺が頂点に立つんだ」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:42:58.35 ID:+q18Hn7l0


[2.世界のどこかにて]



('A`)「………」

―…おーい。

('A`)「……ん…?」

―……。

('A`)「…声?」

―起きろー。

('A`)「うわ。何?」


声が聞こえた。不思議な声だ。
ドクオはその声に答えた。

ここは一体どこなのだろうか。真っ白い空間に、海の騎士が一人きり。
それに、どこからか声が聞こえてくる。誰の声なのだろうか。



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:44:12.17 ID:+q18Hn7l0


―…空の騎士から聞いたでしょ。

('A`)「…何を」

―ホワイトチャペル≠フ話。

('A`)「ああ聞いた。ということは、まさか…」




―…僕が、ホワイトチャペル≠セよ。




どうやらこの声は、ホワイトチャペルという人物の声らしい。
本当に人物かは分からないけれど、
とにかくこの声の主に、ホワイトチャペルという名前があることは分かった。


('A`)「もうなんというか、展開がくるくる変わってわけ分からん」


そう言うと、ホワイトチャペルは悲しそうな声でこう言った。




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:45:09.09 ID:+q18Hn7l0







―…ごめんね………。








('A`)「何であなたが謝るんだ?」


どうしてホワイトチャペルが謝ったのか。
確かこれが初対面のはずなのに、いきなり謝られても困る、と
ドクオは謝った理由をさり気なく聞いてみた。


―それは、空の騎士がここに来たら話すから…。


空も呼んで=B
もしかして、あの時そう言ったのは、ホワイトチャペルなのだろうか。


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:46:08.45 ID:+q18Hn7l0

('A`)「というかここどこだよ。皆は…皆は、どうなったんだよ」

―………話す。全部話すから、待っていて。
 空の騎士とは、前に話したことは知っているよね。

('A`)「ああ」

―けれど、それじゃダメなんだ。
 開いて、触れないと…ここに連れてくることは出来ない。
 ………ホントは…戦いなんて…。

('A`)「さっきからわけ分からん。一体何がどうなってるんだよ」






―…闇の騎士が戦争をしかけたのも、全て……僕の、せいなんだ。
 だから謝らなくちゃいけない。
 この世界に、たくさん、たくさん。
 皆に謝らなくちゃいけない。
 全てを話さなきゃいけない。全て、全てを…話さなきゃ。







19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:47:08.08 ID:+q18Hn7l0


('A`)「………」






―ごめんね。空の騎士が来るまで、暫く…待っ……











そしてホワイトチャペルの声が、一時的に途絶えた。



ドクオはこの白い空間に一人、取り残されてしまった。





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:48:06.51 ID:+q18Hn7l0


[3.触れた]



ξ;゚听)ξ「ブーン様!闇の国が…!」

(;^ω^)「分かってるお!!急ぐお!!」


空の国は慌しかった。闇の国が、空の国に攻めてきているのだ。
しかもたった二人で、ここまで来ている。

一体、何が起こっているのか分からないまま、城の頂上へと駆け上がる。


ξ;゚听)ξ「見えました!」


城の頂上で、たった二人の侵略者の姿をとらえた。

それは、黒い、黒い、黒い姿をした、あいつ。




( ^ω^)「…あ」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:48:58.48 ID:+q18Hn7l0



(;^ω^)「…あああ」


( ;゚ω゚)「あああああああああっ!!」






ブーンはそいつを覚えていた。真っ黒い姿に、真っ黒い剣の騎士。

あの時の戦いで、開けた≠ニ思われるあの姿。


ギコ、闇の騎士の、開いた℃p。


( ;゚ω゚)「あ…」

ξ;゚听)ξ「あれって…」


空を海へ落としたほどの騎士。その騎士が女神と共に、たった二人きりで
この空を倒そうというのだろうか。


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:50:25.12 ID:+q18Hn7l0


(;^ω^)「…闇の…騎士」


闇の兵士は、全くいない。
どうやら本当に二人だけのようだ。


ξ;゚听)ξ「まさか本当に二人で…?戦争を破棄したのかしら」


それは驚くを超えて呆れてしまうほどに、異常なこと。
普通はそんなこと有り得ない。考えられない。

けれどどんどんその姿は近づいてきて、

近づいて、近づいて、近づいて、


近づいてきた。






23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:50:57.07 ID:+q18Hn7l0











―早く開いて―















( ^ω^)「お…?」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:51:41.85 ID:+q18Hn7l0

ξ゚听)ξ「どうしたんですか?」


( ^ω^)「今、なにか…」


( ^ω^)「声が聞こえたような…」













―ヒントあげるから、開いて―









25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:52:40.75 ID:+q18Hn7l0

―君は空≠セ―

―ジャック、君は空だよ―

―空の騎士、君は空にいるんだよ―

―ジルは海だよ、海の騎士は海だよ―

―早く開いて これ以上待つわけにはいかない―


―α?ρα?―

―α?ρα?―α?ρα?―

―α?ρα?―α?ρα?―α?ρα?―


頭に声が流れてきて、上手く思考できない。

これは、歌?

歌が聞こえる。

声が、聞こえた。

ぎゅるりと流れて、流れて、流れる歌。

これは、何だろう。

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:53:29.53 ID:+q18Hn7l0



(;^ω^)「何だお?何なんだお?」


(;^ω^)《α?ρα??》



流れてきた言葉を、自然と口にしてしまった。











(;^ω^)「あ」








27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:54:11.42 ID:+q18Hn7l0


視界がだんだんと 白くなっていった



ツンの声が聞こえたような気がしたけど 声はもう無かった



いつのまに こんなことになってしまったんだろう



世界はぐるぐる回っていて 時間もぐるぐる回っていて






止まら ない







28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:55:41.13 ID:+q18Hn7l0


[#.?]



―ピッ―



##「うぇええぇええん」

#「…ホラ、なみだふいて」

##「だって、いたいよう!ちがでてるよう」

#「だいじょうぶだよ。かすりキズだよ。ほら、いたいのいたいのとんでけー」

##「いたいよう」

#「いいことおしえてあげるね!
 ヒトのからだのなかには血小板っていうものがあって、
 それがキズをちゃんとふさいでくれて、なおしてくれるんだよ。
 だから、まってて。なおるのをまっていて。
 まってればかならずいたいのもとんでって、しかもちゃんとなおるんだ!」

##「ぐすっ…。なんでもしってるんだね」

#「ぼくはものしりだからね」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:56:21.22 ID:+q18Hn7l0

##「なんだかげんきがでてきたみたい。ありがとう!」

#「げんきでてきた?それはよかった!」

##「えへへ…」


#「おおきくなったら、ぼくがまもってあげるから」

##「…うん」

#「だから、もうないちゃだめだよ」

##「うん」

#「わらってるほうが、ぜったいかわいいから」

##「…うん!」







30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:57:35.70 ID:+q18Hn7l0


[#.?]



―ピッ―



#「おとなになったら、ぼくたちけっこんしようね」

##「もちろん!ぜったい、ぜったいやくそくだよ!」

#「わかった。やくそくな!」

##「ゆーびきーりげーんまーん」

#「うーそつーいたーらはーりせーんぼーん」

##「のーます」

#「ゆーびきった!」

##「やくそく、だよ」






31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 22:58:57.26 ID:+q18Hn7l0


[#.?]



―ピッ―



(,,゚Д゚)「…あっ」

(*゚ー゚)「あっ」

(,,゚Д゚)「あの…」

(*゚ー゚)「なぁに?」

(,,゚Д゚)「えと、あの…その」

(*゚ー゚)「?」


(*゚ー゚)「どうしたの?」


(,*゚Д゚)「あ…」

(,* Д )「あ…の……」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:00:51.38 ID:+q18Hn7l0

(,* Д )「ええと…えっと…えっと」


(,*゚Д゚)「あああ…やっぱり…」


(,* Д )「やっぱり、なんでもない…」



(*゚ー゚)「…?」


(*^ー^)「ふふっ、へんなの」






33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:01:38.58 ID:+q18Hn7l0


[4.白と白と白]



まっしろけっけの空間に、騎士が二人、そこにいた。
空の騎士と、海の騎士。二人の騎士はそこにいた。

どこを見ても、白、白、白。ずっと光が当たっているみたいに。
そこに地面らしきものは無い。ただ、よく分からないところに浮いている。


中心なんてないけれど、とりあえず勝手に中心と定めた場所には、
一つの画面のようなものが、ポツンと存在していた。
今は何も映っていない。ただ、ノイズが流れている。


( ^ω^)「ここ、どこだお」


空の騎士は、辺りを見回す。

けれど何も無い。ただ、白があるだけ。


('A`)「俺にもよく分からない。けど、待てと言われたからここで待っていた」

( ^ω^)「いつここに来たんだお?」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:02:41.19 ID:+q18Hn7l0

('A`)「それも分からない。ここにいると時間が狂ってくるみたいだ」


くるくる回って、真っ白世界。
真っ白な空間には、何も無い。

すると、ホワイトチャペルの声が聞こえた。


―二人ともいるね。


落ち着くような、落ち着かないような、不思議な声だ。


( ^ω^)「お?その声は…」

―僕はホワイトチャペル。前に一度、話したことがあるね。


海に落ちたとき、「ジャックに用がある」と言って話しかけてきた、あの時の声。
ブーンはそのことをよく覚えていた。

('A`)「で、どうして俺たちはこんなところにいるんだ?」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:03:28.88 ID:+q18Hn7l0

( ^ω^)「もう僕たちにはわけが分からないお。
      急に闇の国が戦争をしかけてきたかと思ったら、今度は奇襲。
      どうなってるんだお?」

―今から全て話す。二人揃ったから、全て話しても大丈夫かな…。
 その中で、どうしてここにいるのかも話すと思うよ。
 だから、だから…ちゃんと、話を聞いていて。


そうして、まず国の歴史≠フことについて、
ホワイトチャペルが質問した。


―……ねえ、君達は…自分達の国の歴史、
 覚えていない=Aよね。


('A`)「…俺は…覚えて、いない」

( ^ω^)「え?そんなの覚えてるに決まってるお!」

( ^ω^)

( ^ω^)

(;^ω^)

(;^ω^)「………あれ」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:04:26.75 ID:+q18Hn7l0

―まずはそこから話していこうかな。
 …いや、どこから話せばいいんだろうなあ。
 全て話してたら、全部ひっくりかえってしまうかもしれないな。


どうやら、ホワイトチャペルは困っている様子だった。


('A`)「じゃあとりあえず、ホワイトチャペルは何者なのか
   …それを話してもらいたいんだが」

―…分かったよ。
 じゃあ、ちゃんと話すから、聞いていてね…。



ホワイトチャペルは、この世界のことについて、

まずは自分自身のことから語り始めた。









『四話目 交響曲2』end

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:06:24.04 ID:+q18Hn7l0
交響曲2終わりました。
何かこれ書いてると眠たくなります。なんでだろ。

よし、また書き溜めておきます。

支援感謝です。

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:09:58.18 ID:HVPTFpC40
乙!

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:11:02.19 ID:GAOI5BPYO
乙!
頑張れ

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:17:02.90 ID:oq74YU4GP
おつおつ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 23:25:07.74 ID:+q18Hn7l0
もし、早く次ができたら、続いてここに投下します。

頑張ります。

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)