2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)空中庭園と海底都市のようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:15:02.17 ID:ZbPBBD3Y0
代理だお!

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:15:55.93 ID:h6c9y1Fi0
何度も代理すみません。感謝です!

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:16:40.50 ID:h6c9y1Fi0
前回
一話目( ^ω^)空中庭園と海底都市のようです
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1278596995/l50
二話目準備1( ^ω^)空中庭園と海底都市のようです
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1278613049/l50
二話目準備2&三話目戦争1( ^ω^)空中庭園と海底都市のようです
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1278856501/l50

まとめてくださっているサイト様
http://localboon.web.fc2.com/


マップみたいなの描いてみた
http://boonpict.run.buttobi.net/up/log/boonpic2_175.gif
ついでに武器
http://boonpict.run.buttobi.net/up/log/boonpic2_176.gif

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:17:48.84 ID:h6c9y1Fi0
『三話目 戦争2』




[1.住人の絆]



戦士達は、鳥に乗る練習をした。
羽は体力を使ってしまう。だから、他に飛べるものに頼るんだ。

鳥に乗れたら、今度は立つ練習だ。

そして鳥の上で戦う練習。

鳥達は悲鳴を上げ、戦士達は挫折しそうになっていた。


(;´_ゝ`)「騎士様、これは無茶ですよ…」

( ^ω^)「だお。度を越していると思うお。
       でも、出来る喜びを皆に味わってほしいお」


騎士は鳥に乗っかって、鳥の背の上、立ち上がる。
そして優雅に飛んで見せた。
女神は鳥に乗っかって、鳥の背の上、立ち上がる。
そして優雅に飛んで見せた。


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:18:45.18 ID:PN4y0vdLP
支援

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:19:00.93 ID:h6c9y1Fi0

女神は、ヴァイオリンの綺麗な音色を響かせて、曲を奏でる。
騎士はそれに合わせて剣を振るう。


(;´_ゝ`)「凄い」


戦士達はそれを見て、二人が手の届かないところにいるような気がした。
けれど少しやる気が出てきて、戦士達と鳥達は、また練習をする。


( *^ω^)「ほらほら、こんなに楽しいお!やってみたいと思わないかお?」


騎士の、精一杯の励ましだった。

騎士の気持ちに答えようと、戦士達と鳥達は、必死で練習をした。
  


     


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:19:10.31 ID:ZbPBBD3Y0
しえん!

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:19:54.52 ID:h6c9y1Fi0




それから何日経っただろう。
戦士達は、何とか鳥達を乗りこなせるようになっていた。

空の国は、いよいよ闇の国へと向かう準備を始めた。

城の周りに沢山の空の住人≠フ鳥達が集まって、
城の頂上には、空王と、騎士と、女神と、戦士達。
それぞれの武器を手に持って、それぞれの鳥に乗っかって。


( ´_ゝ`)「羽は体力を使うから、君達が頼りだ。よろしくな、相棒」
#「よろしく仕る、兄者よ」

( ・∀・)「俺とお前で世界一」
#「僕と君とで世界一」

(`・ω・´)「サー!」
#「サー!!」

( ><)「緊張するんです」
#「絶対守ってみせるからね」

( ´∀`)「そろそろ行くモナね…」
#「きっと役目を果たそうぞ」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:20:27.99 ID:aPMtWo5S0
ほうファンタジーか

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:21:02.58 ID:h6c9y1Fi0


それぞれの鳥と、それぞれの戦士。
そして女神も鳥に乗る。


ξ゚听)ξ「お、重たくないかしら?」
#「何を言います、女神様。あなたはとても運びやすい」


そして騎士も鳥に乗る。
リーダー格の、鳥に乗る。


( ^ω^)「よろしくですお」
#「こちらこそ、騎士殿」


それぞれが鳥に乗っかって、さあさ出発というときに、
空王は騎士に質問した。


―本当に俺は行かなくてもいいのか?

( ^ω^)「今回はまだ、ですお。今後の為に体力温存ですお」

―俺はまだ若いぞ。そこまで体力が無いわけじゃない。

( ^ω^)「力を使えば体力は必ず減りますお。今はまだ機を待ちますお」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:22:12.92 ID:h6c9y1Fi0

―…そうか。ならばそうしようじゃないか。


空王一匹、城に残して、空の国の戦士と女神と騎士は、闇の国へと飛んでった。
戦いをしに、飛んでった。
誰も望んじゃいないけど、闇の国へと飛んでった。





先頭、ブーン。真ん中、ツン。後方、兄者。
騎士は皆を守るため、女神は音色を響かせるため、戦士は皆を守るため。

白い雲を掻い潜り、空をスイスイ泳いでく。
まるで海にいるように、風はどんどん流れてく。

鳥にしっかりしがみつき、一つの国へ、向かってく。
きっと皆が怖いけど、皆は騎士についていく。

ただただ信じるだけなのに、どうしてそれが嬉しいのやら。
どうしてそれが、力になるのやら。








12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:23:08.09 ID:h6c9y1Fi0


[2.開いてない]



闇の国の、北の塔。そこで二人は眺めてた。
空の国がこちらへ来るのを、じっと、眺めてた。


(*゚ー゚)「…ギコ様。国の外に、空の騎士達がいます」

(,,゚Д゚)「見りゃ分かる。攻めてきたか」


闇の騎士は腰掛けていた椅子から、ゆっくり立ち上がる。


(,,゚Д゚)「ところでだ。しぃ、ジャックの剣は開いている≠ゥ?」

(*゚ー゚)「まだ開いていない≠ンたいです。というとより、知らないみたいです」

(,,゚Д゚)「…ならいい」

(*゚ー゚)(花、植えてくれたかな…)


不思議な会話をして、それから闇の騎士は動き出す。
部屋のドアを開けて、闇の女神と一緒に外へと出て行った。


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:23:30.05 ID:PN4y0vdLP
支援

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:24:05.82 ID:h6c9y1Fi0


[3.戦い]



鳥の群れは、闇の国の上空へ。空の住人は、闇の国の上空へ。
騎士と女神と戦士を乗せて、闇の国へと辿り着く。

先頭の騎士は覚悟を決めて、北の塔へと向かってく。


( ^ω^)「皆、行くお!」


そしてその後ろには戦士と女神。皆そろって向かってく。




だけど塔には、騎士と女神。闇の騎士と、闇の女神がそこにいた。
塔の頂上に、リッパー持って立っていた。


(,,゚Д゚)「こちらが攻めるか、空が攻めてくるか。どうやら後者のようだな」

( ^ω^)「!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:24:59.79 ID:h6c9y1Fi0

(,,゚Д゚)「空の住人も味方につけたのか」


闇の女神が短く歌いだす。


(*゚ー゚)「♪ー♪ー」


すると、どこからともなく黒い鳥達がやってきた。
闇の騎士はその黒い鳥に飛び乗って、真上にいる空の騎士達の方へと飛んだ。

どこからともなく闇の兵士がやってきて、その黒い鳥に飛び乗った。
そしてどんどん上へと飛んで、闇の騎士の後ろへ着く。

闇の女神も黒い鳥に飛び乗って、闇の騎士の後ろへ着く。


(,,゚Д゚)「さあ、行くぞ!」

( ^ω^)「おぉぉおおおお!!こっちも行くお!!」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:25:42.74 ID:PN4y0vdLP
支援

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:26:16.47 ID:h6c9y1Fi0


闇の騎士の合図で、闇の兵士達は、空の戦士達に襲い掛かる。
空の騎士の合図で、空の戦士達も、闇の兵士達に襲い掛かった。


音が聞こえる 音が聞こえる

沢山の音 戦う音 叫ぶ音

鳥達の暴れる音 争う音

戦士の音 兵士の音

ヴァイオリンの儚い音

女神の歌う音

武器が交わる音


#「お前らなんかに負けない!」

#「痛あ!痛いよ!」


大勢の兵士に屈せず、戦士達は戦った。




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:27:26.49 ID:h6c9y1Fi0



そして闇の騎士と空の騎士は、剣を交差させる。


(,,゚Д゚)「ハッ」

( ^ω^)「うりゃああああぁッ」


高い音が弾けていって、キィン、キィンと、刃が音を奏でる。

ジャックの剣を巧みに振り下ろし、リッパーは受け流す。
リッパーを巧みに振り回し、ジャックの剣は受け流す。

振って、避けて、受け流し。振って、避けて、受け流し。
その動きは、まるで何か踊っているようだった。
二人の剣を振るう速さは、他の追随を許さない。


ξ;゚听)ξ―♪♪♪♪♪♪♪♪♪―

(;゚ー゚)「♪♪♪♪♪♪♪♪♪」


二人の女神の周りには、必ず誰かがいた。
女神が音を奏でなければ、剣は強くならないんだ。
だから女神を守るのだ。


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:28:17.71 ID:h6c9y1Fi0

二人の女神は必死で奏でた。ヴァイオリンを奏でて、歌を奏でて。
その音は強さを増していった。

綺麗な音色に反応して、ジャックの剣は青く光る。
綺麗な歌声に反応して、リッパーは紫に光る。


(;^ω^)「はああああああああッ!!」

(,;゚Д゚)「フンッ!!」


剣から火花が散るほど、二人の戦いは激しかった。

戦士と兵士は、その戦いを守るために戦った。
どちらか一人が勝つ、そのときまで。


(;^ω^)「ツン、もっとヴァイオリンの音を奏でるお!!」

ξ;`凵L)ξ―♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪―


騎士の言葉に、女神はもっともっととヴァイオリンの音を奏でてた。



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:28:42.10 ID:ZbPBBD3Y0
支援!

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:29:05.48 ID:h6c9y1Fi0


(,;゚Д゚)「しぃ!!」

(;`ー´)「♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪」


騎士の言葉に、女神はもっともっとと歌声を響かせた。

鳥と黒鳥は、二人の動きに合わせて飛んだ。
騎士を落としてはなるまいと、必死に飛んで、飛んだ。


光る青と、光る紫は、更に光を増してった。
そのネオンが交じり合って、綺麗な火花を散らす。


(;^ω^)「戦士達の為にも…国民の為にも、負ける訳にはいかないお!!」

(,;゚Д゚)「勝手に言ってな!」


剣は踊って踊って、舞って舞って。



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:29:15.95 ID:PN4y0vdLP
支援

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:29:48.52 ID:h6c9y1Fi0


ブーンはギコの後ろを取り、素早く剣を縦に振るう。
けれどもそれは受け止められ、クロスしているリッパーが、それを弾き返す。

キン、と綺麗な音がした。


(;^ω^)「おっ…」


ブーンは反動で後ろに仰け反ったが、すぐに体勢を立て直す。
ギコはリッパーを、トンファを握るように持ち、素早く剣を横に振るった。

今度はジャックの剣が、その攻撃を弾き返した。


(,;゚Д゚)「ヌゥ…」


また二人は剣を舞わせ、綺麗な音を響かせた。

変わらず戦士と兵士は戦って、そして女神は音を奏でる。






24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:30:37.87 ID:h6c9y1Fi0




どれほどの時間が流れてしまっただろう。
戦士と兵士はへとへとで、鳥達も限界にきていた。

だが、二人の騎士の戦いは終わらない。

どちらが優勢かと言えば、空の騎士だ。
空の騎士は、闇の騎士をどんどん追い詰めていく。


(;^ω^)「ハッ…ハァッ!!」

(,;゚Д゚)「クッ…」


女神も必死で音を奏でた。

騎士のそんな様子に見かねた闇の女神が、不思議なことを言い出した。


(;゚ー゚)「ギコ様、もう開けて≠ュださい!見てられません!」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:31:27.39 ID:h6c9y1Fi0


その言葉を聞いた闇の騎士は、卑劣な言葉を吐いてから、剣を上に向けた。


(,;゚Д゚)「クソが…。予定にないことさせやがって!」


二つの剣リッパーに、話しかけるように叫んだ。


(,;゚Д゚)「リッパー、聞け!少しだけ開ける≠シ!!」

(,,゚Д゚)《σκοτ?δι!!》



何かを言い放つと、リッパーは全体が紫に光って、


二つの剣は一つになった。








26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:32:30.64 ID:h6c9y1Fi0


[4.開いた]




(;^ω^)「!?」


いつの間にかリッパーは黒いもの≠ノ包まれていて、
ギコも、全身黒いものに包まれていた。
真っ黒い剣と、真っ黒い騎士。

真っ黒い隙間から見える紫色の目は、空の騎士を睨んでいた。


ξ;゚听)ξ「な…に?これ…」


周りの空気は重くなって、ギコは黒鳥無しで宙に浮いていた。
これは一体、何なのか。これは一体、誰なのか。

黒い騎士は、黒い剣を持っていた。


(,,-Д-)「………空王がいないからと、舐めていたのは俺のようだな…」

(,,゚Д゚)「…行くぞ」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:33:07.94 ID:PN4y0vdLP
支援

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:33:17.75 ID:h6c9y1Fi0


その黒い奴の動きはとても速くて。
いつ剣を振るったのか分からないくらいに、速くて。
耳に、風が横切った。


( ; ω )「うッ」


黒い剣が、ブーンの鎧にめり込んだ。
脇腹に鈍い痛みが走り出す。


(;^ω^)「いッ……」


思わず脇を押さえようとして、
けれど次の攻撃が来るのが分かった。

だからジャックを握り締め、必死に攻撃から身を守ろうとした。


(,,゚Д゚)「オ……ラァ!!」


攻撃を防ぎ、防いで、それでも防ぎきれない攻撃もあり。

そんな様子を、女神と兵士と戦士は、眺めていることしかできなかった。


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:33:30.39 ID:ZRK8/rFw0
なんかなー、残念な感じ

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:34:25.59 ID:h6c9y1Fi0

人間離れした人を、騎士ですらこんなに苦戦しているのに、
戦士達が止める、なんてことできなかった。





気付けばブーンは疲れ果てていた。
ブーンを乗せるている鳥は、ブーンを落とさないようにするために必死で飛ぶ。


(,,゚Д゚)「……」


けれど、ギコの紫の目は鳥に向けられ、
ギコは鳥に向けて、リッパーを振るった。


#「うっ」


かすった程度だが、確かに傷がついた。
鳥は少しバランスを崩してしまう。
そして剣はまた、ブーンに向かって振るわれた。



( ; ω )「がッ…」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:35:05.19 ID:h6c9y1Fi0




ぐったりしていた騎士は、よろけて、


鳥から足を踏み外した。




#「あっ…騎士様!!」


(  ω )「……」




騎士はゆっくりと、海へ吸い込まれていった。

バシャン、と水面に何かが落ちる音がして、騎士の姿が無くなる。


ξ;゚听)ξ「…え?」


信じられないという目で、その落ちたものを見つめる女神。


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:35:42.73 ID:h6c9y1Fi0








ξ;凵G)ξ「そ…んな…。ブーン様…ブーン様ぁぁぁぁああああ!!」








騎士は、海へ落ちた。それは変わらない事実だった。


(,,゚Д゚)「…フン」


黒い姿から、元の姿へと戻るギコ。リッパーも元に戻ったようだ。


(,,゚Д゚)「やはり、どちらも知らなかったのか。
     まあどうせ、開けることは出来ないだろうがな」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:36:16.75 ID:h6c9y1Fi0


(,,゚Д゚)「これ以上やっても仕方ない。引くぞ」

(* ー )「は…い…」


闇の国の騎士と女神と兵士は、自分達の国へと戻っていく。


海に落ちた騎士を見て、必死に叫ぶ女神。
けれど、騎士の姿は見当たらない。


(;´_ゝ`)「女神様、我々も撤退しなければ、戦士達や鳥達がもちません!」

ξ;凵G)ξ「ブーン様を、ブーン様を、早くブーン様を!!」

(;・∀・)「海には海の国がある!きっと騎士様をを拾ってくれるはずだ!だから…」

ξ;凵G)ξ「嫌よ!!嫌、嫌、嫌ああああああああぁぁあああああ!!」

(;´∀`)「このまま我々が帰らなければ、国自体が大変なことになるモナよ!?」


女神は、この場から一向に離れようとはしなかった。
暴れる女神を、必死で連れて帰ろうとする戦士達。
鳥が悲鳴をあげた。



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:36:51.95 ID:h6c9y1Fi0


ξ;凵G)ξ「ブーン様!!ブーン様あああああああああああああああ!!」



無理矢理だったが、戦士達は女神を国へ連れて帰った。


戦士は全員傷を負ったが、生きていた。













35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:37:04.44 ID:PN4y0vdLP
支援

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:37:29.10 ID:h6c9y1Fi0







[5.海中にて]



(  ω )「………」

―何してんの?

(  ω )「………」

―おーい。

(  ω )「………」

―人間は海の酸素じゃ息できないぞー。

(  ω )「……う」

―あ、起きた。

(;^ω^)「…がごぼッ」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:37:30.06 ID:ZbPBBD3Y0
しえん

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:38:05.97 ID:h6c9y1Fi0

―あー、はいはい、息ね。息したいんでしょ?

(;^ω^)「ぐっ…ぐるじっ…ごぽっ…」

―ほーら酸素ですよー。

(;^ω^)「ごっ…」

―酸の素を吸い込んで呼吸するとか面白いよね。

( ^ω^)「…あれ?」

―やーっと起きたのか。

( ^ω^)「…ここ、海だお?何で僕、息してるお?
       というよりなんでここにいるお?」

―そりゃ僕が酸素あげたから。って、ばかー!さっきやられたばっかりじゃん!

(;^ω^)「そうだったお…。で、あなたは誰だお?」

―僕はホワイトチャペル。今は声で会話してるだけ。姿は無いよ。

( ^ω^)「ホワイトチャペル?聞いたこと無い名前だお」

―そりゃそうだよ。まあそんなことどうでもいいけど。


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:38:54.12 ID:h6c9y1Fi0

( ^ω^)「僕を助けてくれたお。お礼を言わなきゃだお。ありがとうだお!」

―まあ助けたっちゃあ、助けたことになるんだけど…。

( ^ω^)「?」

―僕は、ジャックの剣に用があるんだ。

( ^ω^)「剣に?」

―そ。ジャックに。君が手に持ってる、その剣。

( ^ω^)「お?剣が…。何か光ってるお」

―嬉しいな。僕に反応してくれたんだね、ジャック。

( ^ω^)「それで、剣に何の用だお?」

―何って、ただの用さ。用じゃないなら、用以外に何があるの?

(;^ω^)「いやそうじゃなくて」

―いや、だってさ。さっき闇の騎士はちゃんとリッパーを開けていた≠ナしょ?

(;^ω^)「…わけ分からんお」

―僕的には、ジャックとその持ち主が開ける≠ゥと思ってたんだけど、
 なんてこった!向こうは開いてるのに、こちらは開かないじゃないか!


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:39:33.10 ID:h6c9y1Fi0

(;^ω^)「いやだからもうちょっと詳しく…」

―だからさジャック。君に教えるよ。
 僕が開き方≠教えてあげるから、今度の戦闘で役立ててね。
 ああ、力は教えられないよ。

(;^ω^)「おーい」

―…ジル?ジルは薄々感じ取ってるみたいだから、
 持ち主が気付けば開くんじゃないかな。
 ジャック、君だけだよ、自分の力さえ知らないの。

(;^ω^)「聞けよ」



―……どう?分かったかな。じゃあ僕はこれで。



( ^ω^)「………おっ…?」









41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:39:40.06 ID:6cg987qa0
しぇn

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:39:57.38 ID:PN4y0vdLP
支援

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:40:08.98 ID:h6c9y1Fi0






どこかの誰か、ホワイトチャペルの声が聞こえなくなって、


空の騎士はいつの間にか、海の国の建物の中にいた。









『三話目 戦争2』end

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:41:02.73 ID:h6c9y1Fi0
『三話目 戦争3』




[1.保護]



空の騎士は、ゆっくりと目を開けた。
そこには海の騎士と海の女神がいて、
空の騎士はふわふわのものに包まれている。

そして、だんだん意識がハッキリしてきたとき。


(;^ω^)「ホワイトチャペルさんっ!?」


空の騎士は勢いよく起き上がった。


('A`)「…ホワイトチャペルって誰だ?」

川 ゚ -゚)「…さあ?」

(;^ω^)「あ」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:41:48.11 ID:h6c9y1Fi0


ホワイトチャペル≠ェ誰なのか、二人に分かるはずもなく。
そして、ブーンに分かるはずもなく。
上に被さっていた毛布をはいで、二人の方を見た。


('A`)「ブーン、起きたか。ここは医療室だから安心しろ」

川 ゚ -゚)「水中に漂っているところを、海の住人が見つけてくれてな。
     わざわざここまで運んできれくれたんだ。後で礼を言いに行くぞ」

( ^ω^)「…そうだったのかお」


あの時空から落っこちて、海へと落ちて、色々あって。
ただ、あの戦いの疲労から、起き上がると少し眩暈がした。


(;^ω^)「おう…」


目の前が、ぐにゃりと歪む。


('A`)「無理すんな。何があったのかは後で聞くけど、とりあえず休め」

(;^ω^)「すまないお」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:42:21.37 ID:PN4y0vdLP
支援

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:42:30.38 ID:h6c9y1Fi0

ブーンはまた少し横になったが、環境の違いか、寝ることができなかった。

だけど横になる内、いつの間にか眠ってしまっていた。
体の疲労は限界に達していたんだ。





('A`)「…剣で斬られた跡があった」


体中に巻かれた包帯を見る。
怪我は、誰かに斬られた跡だと分かっていた。


川 ゚ -゚)「鎧を着ていなかったら、こんな傷では済まされなかっただろうな」

('A`)「ああ。鎧を着ているってことは、やはり…」

川 ゚ -゚)「……だろうな。ドクオ、闇は、あいつらは…」


クーはそう言いかけて、続きを言うのをやめた。


('A`)「ブーンをここまで追い詰めたんだ。これは、本当に侮れないぞ」

川 ゚ -゚)「そうだな」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:43:18.25 ID:h6c9y1Fi0



[2.空の国の大事]



空の国の兵士達。思いがけない出来事に、慌てて国へ帰ってく。
空の国の大きなお城。そこに向かって帰ってく。
そして皆の帰りを待っていた、空王様は、驚いた。


―…これは一体何事だ?


傷ついた戦士達の中に、泣き喚く女神がそこにいた。

その中に、騎士が、いない。


―騎士はどうした。何故ここにいない?

ξ;凵G)ξ「空…王…様ぁ…」


涙の止まらぬ女神に変わって、一人の戦士が理由を話す。
あの戦いであったこと全て、話していった。



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:43:31.68 ID:ZbPBBD3Y0
支援

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:44:38.15 ID:PN4y0vdLP
支援

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:44:40.81 ID:h6c9y1Fi0


(;´_ゝ`)「……というわけなんです」

―…海に落ちたか。それならば騎士は生きている。必ずな。


空王は、はっきりとそう言った。


ξ;凵G)ξ「どうして分かるんですか?」

―海には海の住人≠ェいる。それに…

ξ;凵G)ξ「それに?」

―あの騎士がそれくらいで死ぬとは思えない。あの伝説の騎士だぞ?


そうだ。誰が何を言おうと、あれは紛れも無く伝説の騎士だ。


ξ--)ξ「……」

ξ゚听)ξ「そうですよね。伝説の騎士を支える女神が、
     こんなことを言ってはだめですよね」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:45:19.96 ID:h6c9y1Fi0


女神は涙を抑えて、信じた。生きていると。
たった一度の戦いで敗れるような騎士ではないと。


―ハハハ、そうだその意気だ。
―信じるのは人の自由だ。だがそれが本当になるかは、時の流れ次第だろう。
―この後どうなるかなど、誰にも分からぬ。もちろん俺にもな。
―だから良い可能性にかけてみるのも、悪くはないぞ。
―その流れの答えを待つ間、少しでも良い方向へ流れるようにしたらいい。


女神は空王の言葉で立ち直り、怪我人達を城の中へと入れていった。


ξ゚听)ξ「皆!重症の戦士を優先的に医療室に運んであげて!」


共に運びあい、共に怪我を癒そう。
必ず来る、次の戦いに向けて。



―空の女神は強い。泣き虫なのには変わりないがな…。


その様子を見て、空王は独り言を言った。



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:45:55.32 ID:h6c9y1Fi0


[3.海中探検]



いつの間にか、また眠ってしまっていたブーンは、急に目を覚ます。
起きたとき、まだ二人は医療室に残っていた。


('A`)「起きたか」

川 ゚ -゚)「今度はぐっすり寝ていたようだぞ」


ブーンはゆっくりと起き上がる。どうやら眩暈はしないようだ。


( ^ω^)「ふぃー。やっと落ち着いたみたいだお」


眩暈がしないことを確認して、上にかけられていた毛布をはいだ。
ベッドから足を下ろそうとするが、クーに腕をがっしり掴まれた。


(;^ω^)「お!?お!?」


何故かニヤリと笑う二人。


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:46:41.79 ID:h6c9y1Fi0


川 ゚ -゚)「ふっふっふ…眩暈はしないんだろう?」

('A`)「もう大丈夫っぽいんだよな?」

(;^ω^)「多分そうだと思うお…。で、何で腕を掴むんだお?」


掴まれた手をぐいぐいと引っ張られ、
不気味な高笑いをするクーとドクオに、医療室の外へと連れ出された。


川*゚ -゚)「きひひひひひ!きしゃー!行くぞ!海底探検だ!!」

(*'A`)「うひひひひひ!うしゃー!きっと何かが起こるぞー」


まるで、これからピクニックに行くかのような二人に連れられ、
今度は建物の外へと連れ出された。


(;^ω^)「おおおぉぉおっ!?二人とも、待った、待った!!」


どんどん海が近づいてくる。


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:47:06.61 ID:PN4y0vdLP
支援

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:47:27.03 ID:h6c9y1Fi0


川*゚ -゚)「そうだ、冒険に出よう」

(*'A`)「おきのどくですが、ぼうけんのしょ1ばんは きえてしまいました」

川*゚ -゚)「きひひひひひひひひひひしゃー」

(*'A`)「うひひひひひひひひひひしゃー」

(;^ω^)「怖いお、二人ともなんだかすっごく怖いお!!」


そしてついに、大海原へと身を投げる。





(;^ω^)「うぎゃゴボゴボボッ」


広い広い、そして暗い海。
溺れそうなブーンを見て、クーはアコーディオンを出した。
そして、音色を響かせる。綺麗な綺麗な音色が響く。


川 ゚ -゚)―♪♪♪―



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:48:03.31 ID:h6c9y1Fi0


すると、あらあら、どうだろう。
ブーンはたちまち人魚となった。
ドクオとクーと同じように、人魚となった。


( ^ω^)「お…おおっ!?何か足が尾びれになったお!
       …そう言えば、ドクオとクーにも尾びれがあるお」

('A`)「むしろこれがデフォだ」

川 ゚ -゚)「海の国の人々が海に入れば、こうなる。
     人魚は、海で生活する上での必需だ」

( ^ω^)「そうなのかお?空の国とは少し違うんだおね」


クーとドクオは灯りを持って、ブーンをぐいぐい引っ張っていく。


('A`)「これじゃブーンは泳げないだろ?」

川 ゚ -゚)「私たちの手に掴まっていろ」


ブーンは二人の手に掴まって、ぐいぐい、ぐいぐい、引っ張られていった。




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:48:44.42 ID:iZWH6W/X0
支援

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:49:05.87 ID:h6c9y1Fi0




プランクトンの白い雪。二人の騎士と、一人の女神を歓迎した。

とても、とても幻想的で、空の国とは違った美しさがあった。

海は空より狭いけど、海には未知≠ェ沢山ある。

そんな未知の一つ一つを、ブーンはこの目で確かめていった。


( ^ω^)「綺麗だお…」

('A`)「空だってとても綺麗だ。でも海も、それとは違ってまた綺麗だろ?」

川 ゚ -゚)「どちらも良い所があるのさ」


小さな小さな魚達。泳ぐ三人を、出迎える。

大きな大きな魚達。泳ぐ三人を、出迎える。

沢山、沢山の魚達。群れになって、泳ぐ三人を出迎える。




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:49:23.39 ID:PN4y0vdLP
支援

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:50:12.82 ID:ZbPBBD3Y0
しえん

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:50:27.89 ID:iZWH6W/X0
支援

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:50:37.37 ID:h6c9y1Fi0

( ^ω^)「すごいお…」

('A`)「未知は、まだまだ沢山あるぞ」

川 ゚ -゚)「だけどそろそろ、着く頃だな」



「どこに?」と聞こうとしたが、どうやらその目的の場所に着いたようだ。




('A`)「住人さん」

川 ゚ -゚)―♪ー♪ー―


ドクオは、海の住人≠呼んだ。
クーはアコーディオンを短く奏でて、海の住人≠呼んだ。

するとどこからともなく、沢山の魚達が三人を囲む。


(;^ω^)「おおっ!?」


大きな大きな鯨と鮫が、こちらをじっと見つめている。


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:51:28.61 ID:h6c9y1Fi0


#「…空の騎士か」


どこかの魚が、喋った。


('A`)「海に漂流していた空の騎士を、助けてくれたんですよね」

川 ゚ -゚)「ホラ、君もお礼を言って」

(;^ω^)「え!?あ、あ、あの、ありがとうございました、お」


ブーンは、クーの言われるままにお礼を言って、ペコリとお辞儀をした。


#「気にすることはない。それよりも、傷の方は大丈夫かな?」

( ^ω^)「は、はい。お陰様で少し楽になりましたお」


すると小さな魚が二匹、こちらへ寄ってきて、ブーンの周りをくるくる回る。


#「何があったのかは予想がつきます」

#「闇の国と戦っていたのでしょう」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:52:19.76 ID:h6c9y1Fi0

( ^ω^)「…その通りですお」

#「そして、争った最中…海へ落ちた」

#「きっと、何か空を上回る強い力に負けてしまったのでは?」

(;^ω^)「……」


殆ど当たっている。海の住人とは、凄いものだ。
空は力で、海は知恵。それは本当のようだった。
改めてその凄さを実感する。

もちろん空も凄いのだが、身近であればあるほど感覚が鈍くなってきてしまう。


('A`)「やはり、闇と争っていたのか」

川 ゚ -゚)「その話を詳しく聞かせてはくれないかな」

( ^ω^)「…分かったお」





66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:52:29.99 ID:iZWH6W/X0
支援

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:53:08.82 ID:h6c9y1Fi0


ブーンは、闇の国に攻め入った時のことを話し始めた。

海に落ちた後の、あのホワイトチャペル≠ニやらの会話も。







川 ゚ -゚)「開ける=H何だそれは」

('A`)「ホワイトチャペル、か。
   そう言えばブーンが起きたとき、そう言っていたな」

( ^ω^)「僕にもまだ、よく分からないんだお」


ギコは、リッパーの何かを開放していたのだろうか。
それにホワイトチャペルとは一体誰で、何者なのか。

海の住人は頭を抱えた様子だったが、答えを出そうとする。


#「ホワイトチャペル…。すまない、我々には分からないようだ」

#「海王様なら、何か知っているかもしれない」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:53:40.06 ID:6cg987qa0
しぇn

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:53:49.08 ID:h6c9y1Fi0

#「海王様に知恵を貸してもらいなさい。何かが分かるかもしれない」

('A`)「分かりました。海王様のところへ行ってみます」


海の住人には分からなかった。


#「我々には知恵≠ェある。だが、力≠ヘ空の方が遥かに上だ」

#「どうか、頼んだよ…」

( ^ω^)「承知しましたお」


三人は海の住人にお礼を言って、この場を去った。
ブーンは、何度も何度も振り返って、お辞儀をした。
助けてくれた恩を、忘れないように。







70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:54:17.21 ID:PN4y0vdLP
支援

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:54:30.68 ID:iZWH6W/X0
支援

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:54:30.78 ID:h6c9y1Fi0


[4.海王の知恵]



二人はスイスイ泳いでく。海王の洞窟に向かって泳いでいく。
ブーンは二人の手をしっかり握る。決して離さないように。


( ^ω^)「それにしてもこんな暗い中を、よく迷わずに行けるおね」

('A`)「慣れてるからな」

川 ゚ -゚)「慣れてるからな」

(;^ω^)「慣れかお」


二人はスイスイ泳いでく。スイスイ、スイスイ、泳いでく。

迷うことなく、泳いでく。

プランクトンの雪が降る。三人の上に降ってくる。


そうして、海王の洞窟へと辿り着いた。
どんどん奥へと進んでいって、奥の、奥の、そのまた奥。
そこで止まって、海王を呼ぶ。


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:55:55.38 ID:h6c9y1Fi0


('A`)「海王様、海王様。何度もすみません」

川 ゚ -゚)「少し聞きたいことがあります」


すると、奥から巨大な龍。三人の前に、姿を現す。


(;^ω^)「どわぁあぁあああああ!!」


その姿は、空王よりも遥かに大きかった。
あまりのその大きさは、何にも例えようが無かった。


―どうやら、空の騎士もいるようだな。

(;^ω^)「あ、はい…お邪魔してます…」


龍の大きな目が、こちらを覗く。


('A`)「海王様、実は…」



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:56:34.09 ID:iZWH6W/X0
支援

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:56:57.58 ID:h6c9y1Fi0


ドクオは、ブーンが闇の国と戦っていて、その最中ギコとリッパーが変化したこと、
そしてその後のホワイトチャペル≠ニの会話のことを話した。




龍の大きな目が、こちらを覗く。


('A`)「海王様、実は…」


ドクオは、ブーンが闇の国と戦っていて、その最中ギコとリッパーが変化したこと、
そしてその後のホワイトチャペル≠ニの会話のことを話した。


―…ほう。そのようなことがあったか。

( ^ω^)「間違いありませんお」

―それで、開ける≠ニは何なのか、ホワイトチャペル≠ニは誰なのか…
 それを聞きにきたのだな。

川 ゚ -゚)「はい」


海王は困り果て、うーんと声をうならせた。


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:57:30.82 ID:h6c9y1Fi0


('A`)「海王様ですら分からないんですか?」

―ホワイトチャペル≠ェ誰なのかは、この老いぼれにも分からん。
  だが、もしかしすると開ける≠ェ何なのか、分かるかもしれん。

( ^ω^)「ほ、本当ですかお!?」


そして海王は、もしかしたらの考えを話していった。





77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:58:22.12 ID:h6c9y1Fi0


[5.剣]



―老いぼれの考えなぞ、あてになるとは限らん。
 だが、少しは役に立つかもしれないがな…。


龍は大きな目を閉じて、じっくり考えているようだった。


―剣を開ける=Bもしかしすると、
 その闇の騎士と剣が、共鳴したのかもしれん。

( ^ω^)「共鳴、ですか?」

―何かに共鳴をして、剣の元あった力が、少し開けられた≠フだろう。
 そうして人間離れした力を、剣から引き出すことに成功した。

('A`)「剣の元あった力?それに、共鳴とは?」

―まあ待て、そう焦るでない。老いぼれの脳は、老いぼれのままだ…。


龍は、また大きな目を閉じて、じっくり考えた。




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:58:56.71 ID:iZWH6W/X0
支援

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:59:02.98 ID:h6c9y1Fi0


―恐らく、剣にはそれぞれ何かが宿っている。
 その闇の騎士は、何か呪文のようなものを…言ってはいなかったか?

( ^ω^)「そう言えば」


――

(,;゚Д゚)「リッパー、聞け!少しだけ開けるぞ!!」

(,,゚Д゚)《σκοτ?δι!!》

――


( ^ω^)「変な言葉を言っていましたお」

―その言葉で剣と共鳴し、その言葉が開ける′ョとなったのだろう。

川 ゚ -゚)「その言葉がどんなものだったのか、覚えていないのか?」

( ^ω^)「なんかわけわからんごにょごにょな言葉だったから、
       覚えていても発音できませんお…」

―そうか。仕方あるまい。

( ^ω^)「どうにかして、僕らも剣の力を開ける≠アとはできないんですかお?」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 21:59:54.21 ID:h6c9y1Fi0

('A`)「それは俺も聞きたいです」

―今はまだ、無理だろうな。

川 ゚ -゚)「やはり、無理なんですか?」

―剣の元々の力を知らなければ、開ける≠アとは出来ないだろう。


ブーンとドクオは、酷く落ち込んだ。
ずっと一緒にこの剣と歩んで来たのに、そんなことすら知らなかったなんて。
ただ、楽器の音色を合わせることは知っていた。
でも剣にはそれ以上の力があったことを、闇の騎士は既に知っていたんだ。


―そう落ち込むな。剣はお前達の気持ちに答えてくれるだろうよ。


('A`)「…はい」

( ^ω^)「ありがとうございましたお」

川 ゚ -゚)「それでは、我々はこれにて失礼します」

―ああ。またいつでも来るがいい。力になれるかもしれない…



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 22:00:17.33 ID:iZWH6W/X0
支援

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 22:00:57.42 ID:PN4y0vdLP
支援

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 22:01:27.26 ID:h6c9y1Fi0




三人は、海の国へと戻っていった。
結局ホワイトチャペル≠ェ誰なのかは分からなかったが、
剣に関してとても大切なことを知ることが出来た。


闇の騎士は、どこまで知っているのだろうか。
もしかしてホワイトチャペル≠フことも、知っているのだろうか。


剣のことを詳しく知っているのであれば、おそらく戦いは、
このまま続いてしまうだろう。


二人の騎士が何かを知るたび、一人の騎士はまた、
何かを知っていくような気がしてならなかった。









『三話目』end

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 22:02:43.14 ID:iZWH6W/X0
支援

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 22:02:44.99 ID:h6c9y1Fi0
とりあえず溜めてた分を投下しました。
支援挟んでくれてありがとうございました。
では、また溜め置しておきます。

オヤスミー

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 22:04:28.46 ID:PN4y0vdLP


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 22:05:24.26 ID:6cg987qa0
おつおつ

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 22:07:58.13 ID:ZbPBBD3Y0
乙〜
しかしペース早いな

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 22:10:04.38 ID:iZWH6W/X0

ペース速いのには同意

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 22:19:29.59 ID:h6c9y1Fi0
こっからペース遅くなるよ!次はしばらくかかりそう。

あっ…ありがちだなんて言わせないんだからっ!
言わせない>ξ゚听)ξつ)`ω^)<ありがちだようぼぅぉぇ


今度こそオヤスミー!

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/13(火) 22:41:11.51 ID:iZWH6W/X0
よくさる食らわないなと感心する

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)