2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)は巻き込まれたようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 00:59:57.17 ID:Y/g0HR6y0
やぁ^q^
性懲りもなくまたきたよー^q^
動き始めは話がサクサク固まるから楽だよね^q^
面白いかどうかは別にして

一回目
ttp://mimizun.com/log/2ch/news4vip/yutori7.2ch.net/news4vip/kako/1277/12771/1277131769.html
二回目
http://mimizun.com/log/2ch/news4vip/yutori7.2ch.net/news4vip/kako/1277/12772/1277216613.html
いつものごとく、暇だったら見てくれお!^q^

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:03:37.33 ID:Y/g0HR6y0
ジョル家、地下一階。
どうやらそこは、訓練室のようだ。

広い、広い部屋。

(#####)^)「・・・」
(*゚∀゚)「よし・・・」

つーとブーンはそこにいた。

(#####)^)「・・俺の実力が足りないかお。
       つーさん。」

(*゚∀゚)「あぁ、足りねーな。
     おめーのその顔面からしてそうだ。
     "テンパった俺の、大振りの右"すら避けれねーようじゃ、
     話にならないっつってんだよ。ブーン」

(#####)^)「・・・」

(*゚∀゚)「・・納得いかねーって顔だな」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:06:21.70 ID:Y/g0HR6y0
(#####)^)「まぁ、自分の腕には多少自信があるからね」

その言葉を聞いて、つーははぁ・・・とため息をはいた。

(*゚∀゚)「・・・わかってねーな。お前。
    魔王城到達。お前単身なら可能だろーよ。
    だがな、デレ御嬢様に、"役立たず1人"。
    二人を守りながらの魔王城到達は、お前には荷が重過ぎるってもんだ。」

(#####)゚)「・・・どっくんを、役立たずって言うのはやめるお・・・」

つーのその台詞を聞くとすぐに、ブーンの表情が一変した。
その表情からも、その台詞にも。誰にでもわかるくらい明確な殺気が込められている。

(*゚∀゚)("やっぱり"・・・
    ブーン・・・わかりやすい奴だ。)

ニヤ・・
つーは笑う。

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:09:36.05 ID:USB11MjR0
この書き方めちゃくちゃ懐かしい
最近足りなかった厨二成分だし楽しみにしてるよ

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:10:15.95 ID:Y/g0HR6y0
(*゚∀゚)「役立たずを役立たずと言って何が悪い?
    アイツなんざ、そこいらの魔物に殺されちまうレベルなんだぜ?
    赤ん坊の時のデレ御嬢様以下さ。そんな奴。」

・・・おい、つー。

(#####)゚)「それ以上どっくんの事を悪く言うのなら」

ゾクゾクッ
(*゚∀゚)「!」

ブーンの身体全身から、魔力が溢れ出始めた。

(#####)゚)「・・・いくらあんたでも、赦しはしないお。」

この魔力―――――魔色では無い。ブーンからあふれ出ている、この魔力。
通常の人間では起こらないであろう状態・・・"魔力が溢れる"という現象は、魔女クラスでも珍しいのだ。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:12:24.32 ID:PTYteQE1O
支援!支援!

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:12:55.40 ID:Y/g0HR6y0
ビリビリビリ・・・
その強烈な魔力を、つーはひしひしと感じていた。

(*゚∀゚)「・・・」

ニタァ
つーは、その嘲笑いを強調する様に。
大げさに、意地汚く嘲笑った。

(*゚∀゚)「そうだなぁ・・・
     お前がこの俺に、一瞬でも本気を出させる事ができたのなら、
     "あの屑"の事・・・少しは認めてやるよ」

(#####)゚)「・・・殺す」

ヒュッ!!
その瞬間、ブーンは消えた。

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:15:05.06 ID:Y/g0HR6y0
ドオオオオオ・・・・オオオオ・・・・
  _
( ゚∀゚)「おおぅ・・・」

・・・ジョル家、一階。
家全体が激しく揺れる。

ζ(゚−゚;ζ「な、何・・・?
      さっきの衝撃・・・」

('A`)「・・・ブーン達だろうな」
  _
( ゚∀゚)「・・・とうちゃん・・・
     やっぱり、今回は本当にマジなんだな・・」

('A`)「・・本当に、マジ?」

ドクオはジョルに問いかける。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:17:58.24 ID:Y/g0HR6y0
  _
( ゚∀゚)「・・・本当の事言うとね、
     と−ちゃんは既に、ブーンさんの事を認めてるんだ。」

('A`)「え?」

ζ(゚−゚*ζ「!
      ・・・そうなんですか?ジョルちゃん。」
  _
( *゚∀゚)(ジョルちゃん・・・)
    「はい。とーちゃん、認めなかったら家にすら入れてないんで。」

ζ(゚−゚*ζ「・・・じゃあなんで、ブーンさんと闘うんですか?」
  _
( ゚∀゚)「・・・とーちゃんの悪い癖だよ。
     強敵を見つけると、そいつの限界ってやつを味わってみたくなる。」

('A`)「・・・なるほど。
    いわば、この戦いはつーさんの趣味・・って訳なんだな
    ・・なんだ、結局ブーンは戦い損な訳か」

ほっとした顔をするドクオ。

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:20:01.89 ID:Y/g0HR6y0
  _
( ゚∀゚)「・・・まぁそうなんだけど、
     たぶん、ドクオが考えてるほど、簡単な問題じゃないよ」

('A`)「・・・?」

ζ(゚−゚*ζ「どういう事?」
  _
( ゚∀゚)「・・・とーちゃんの趣味って事は、
     とーちゃんが満足するまで終わらないって事さ」

('A`)「・・・?」
  _
( ゚∀゚)「・・・言い換えると、とーちゃんがいつまでも満足できなかったら、
     ブーンさんは死ぬまでとーちゃんと戦い続ける事になる」

ζ(゚-゚*ζ「!」

(゚A゚)「ま、まじかよ!」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:22:59.05 ID:Y/g0HR6y0
ζ(゚−゚;ζ「と、とめなきゃ!」

デレは、急いで立ち上がる。
  _
( ゚∀゚)「無駄だよ。デレ様。
     とーちゃん、一度火がついちゃったら、たとえ魔王様でも止められないんだよ?
     ・・・この世で誰も、とーちゃんを止めれる人なんていないんだ」

ζ(゚−゚;ζ「・・・ブーンさん・・」
  _
( ;゚∀゚)「あんなにワクワクしてるとーちゃん、初めてみたからなぁ・・・
     ・・・こりゃブーンさん、マジで死ぬかもね・・・」

ζ(゚−゚;ζ「・・・ブーンさん・・・
      大丈夫かな・・・」

(;'A`)「・・・死ぬなよ、ブーン・・・」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:25:28.59 ID:Y/g0HR6y0
・・・初撃から、二分後。

(#####)゚)「ハァ・・・ハァ・・・」

ブーンは、絶対絶命のピンチに陥っていた。

(*゚∀゚)「おいおいどーした・・・
     とんだ期待外れだな、おめー。
     もしかして、それが本気なのか?」

ハッ
と、つーが吐き捨てるようにそう嘆いた。

・・・傷だらけで、魔力も殆ど尽きているブーンに対して、
何一つ、大きなダメージを受けてないつー。

(#####)゚)「ハァ・・・ハァ・・・
      ・・・るせぇ。黙ってろお」

戦力の差は決定的である。

(*゚∀゚)「・・・」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:27:42.23 ID:Y/g0HR6y0
・・・つーは深い違和感を感じていた。
ブーンのこの態度・・・この挙動・・・たしかに、手を抜いている様子は無い。
"現状では"、これが本当に本気なのだろう。
・・・それはひしひしと伝わってくるが、それでもつーは認める事ができない。
こんな程度のレベルでは無かったのだ・・・

【ガシッ
 (  ゚ω゚)「!!!」
バッ!と手を弾き、戦闘姿勢を取ったブーン・・・】

――その時・・・、初めて接触した時に感じた、ブーンの"底力"は。

(*゚∀゚)「・・・そうか、そういうタイプか、おめー」

(#####)゚)「ハァ・・・ハァ・・・
      ・・・?」

(*゚∀゚)「・・・お前、現状をわかってねーんだろ。
    だから、こんなだらだらと全力を出さずに闘ってしまうんだ
    ・・言い換えれば、お前は緊張感を持っていねーんだよ、ブーン」

(#####)゚)(・・・何言ってるんだ・・・?こっちはマジで死に掛けなんだお・・・
       これ以上ないってくらい、全力で闘ってるお・・!!)

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:29:21.93 ID:Y/g0HR6y0
(*゚∀゚)「・・・よし決めた。
     お前がこのまま何もできず死に絶えたなら、俺はあの屑を殺す」

(#####)゚)「!!!
       ふっ・・・ふざけるなっ!!
       どっくんは・・・どっくんは!関係ないだろっ!!!」

(*゚∀゚)「あるね。
     実力もろくに持たずにステージに上がりこんだんだ。
     分相応の場所にひきこもってりゃよかったのによ。
     ・・・それはアイツの自業自得ってヤツだ。」

(#####)゚)「お前はっ・・・何も知らずにっ・・!」

(*゚∀゚)「うるせーぞ、おめー。
     "5分”だ。5分以内に俺を満足させれねーのなら、
     俺はおめーを殺して、アイツも殺す。」

(#####)゚)「うわああああああああ!!!!
       つううううううううううう!!!!」

ブーンの魔力が爆ぜる。
ブーンは形振り構わずつーに突っ込む

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:31:43.21 ID:T6a+8QM/O
今日こそしえん

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:32:00.76 ID:Y/g0HR6y0
(*゚∀゚)「あたるかボケ。」

ひゅいっ
つーは少し身体を横に逸らす。

ドオオオオオオオオ・・・・
勢いを大きく余らせて、壁に深くめりこむブーン。

(*゚∀゚)(さぁ・・・正真正銘、最期のチャンスだ。
    俺に・・・てめーの全てを見せてみろ、ブーン!!)

(#####)゚)「・・・ぐぞぉ゙
       ゔお゙お゙お゙お゙お゙お゙お゙お゙お゙!!」

ヒュッ!!
高速でつーに攻撃を仕掛けるブーン。

・・・先程と比べて少しは息を盛り返したブーンだが、
もともとが、既に虫の息だったのだ・・・

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:34:04.24 ID:Y/g0HR6y0
(#゚∀゚)「おらぁ!!」
ドッ
つーの拳がブーンの腹にめり込む。

(#####) )「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!!」

悲鳴を上げながら、つーの足元で転げ回るブーン。

(#゚∀゚)「おい!馬鹿にしてんのかおめー!!
    あの雑魚を殺すっつってんだろ!!あ!!??」

(#####)゚)「ぐぅ・・・ぅ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙お゙お゙おおおお」

必死で立ち上がるブーン。

(#゚∀゚)(ちげぇ!
    確かにここまでやられて、立てる人間はいねぇ!
    そういう意味では、お前は異常だ、ブーン!
    だが違ぇ!!俺が"求めて"んのは、そういうんじゃねーんだよ!)


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:36:37.81 ID:Y/g0HR6y0
(#゚∀゚)「らぁ!!」

ボコォ!!
再度、ブーンを地面に叩きつけるつー。

(#####)<)「・・・ぁ・・・ぁぁ・・・」

ブーンの動きが鈍くなる。

(#゚∀゚)「どうしたぁ!!もう終わりかおめー!!
     お前のせいで、アイツが死んでしまうんだぞブーン!
     それで終わっていいのかよ!!おぉ!?」

ドコォ!!!
2m程地面にめり込むブーン

(#####) )「―――――――ッ!」

正真正銘、虫の息のブーン。
最早、ピクピクと微動する位で、まともに動ける状態では無い。

(#゚∀゚)「立ってみやがれ!!
    俺を殴ってみやがれ!!俺をビビらせて見やがれ!!
    さんざ俺に期待させておいて!!
    このまま何もせずに死んでんじゃねーぞブーン!!」

ダァン!ダァン!ダァン!ダァン!
何度も。何度も。何度も。何度も。ブーンを踏みつけるつー。

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:38:03.96 ID:Y/g0HR6y0
(#####) )「・・・」

ついには、ブーンがまったく動かなくなってしまった。


(#゚∀゚)「・・・おい・・・マジかよ・・・
     死んだのかよ?おめー・・・」

(#####) )「・・・」

ブーンは反応しない。

(#゚∀゚)「おいブーン!ブウウウウン!!!」

(#####) )「・・・」

(#゚∀゚)「まじかよッ!糞がっ!!!!
     ・・・チッ・・・胸糞悪ィ・・・
     期待して損したぜ・・・ったくよぉ!!」

ダァン!
腹いせ紛れに、ブーンを壁へと蹴り飛ばすつー。

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:40:50.23 ID:Y/g0HR6y0
(#゚∀゚)「あーあ!!約束通り、あの雑魚でも殺すか!!!」

つーは叫び散らす。

(#####) )(・・・ダメだ。僕はもう、ダメだお。
      どっくん・・・ごめんだお・・僕は・・・僕は・・・)

・・・が、やはりブーンの反応はない。

(#゚∀゚)「ちっ・・・マジありえねぇ・・・
     せっかくあれだけの"力"を体験できるとワクワクしてたのによぉ・・・
     ったく・・・」

つーは最早ブーンへの興味を無くしたのか、
そのまま後へ振り返り、てくてくとドアに向かって歩き出した。

(#####) )(・・・)

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:42:25.32 ID:Y/g0HR6y0
・・・ドッ
・・・その時、ブーンは心臓から、とある感触を感じとった。

(#####) )(・・・なんだろう・・・この感触・・・)

・・・ドッ・・ドッ・・ドッ・・ドッ・・ドッ・・

(#####) )(・・・"血だ・・・血の流れを、感じる・・・")

ドッ!ドッ!ドッ!ドッ!ドッ!ドッ!

(#####) )(血が・・・・熱いッ・・・!!)

ドッ――

(#####) )

――この瞬間。声も発さない、産声が上がった。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:44:04.75 ID:Y/g0HR6y0
―ピッ・・・

(*゚∀゚)「!!」

つーの頬に、綺麗な斬れ痕ができる。
つー・・・
頬から血が流れ出す。

(*゚∀゚)「これは・・・!これは!!
     来た来た来た来た来たッ!
     そうだ!そうだよブーン!それだっ!」

ブワッ!!
つーの魔色が、急激に変化する。これまでの力強い魔色とはうって変わって、
つーから流れ出るその魔色は・・・死を連想させる程、神秘的で絶望的な魔色となった。

パラパラ・・・
壁から姿を現すブーン。

(#####) )「・・・・・・」

その姿勢は、脱力的で、まともな構えをしていない。
手もみっともなくぶら下がっているだけ。
本当に、ただ突っ立っているだけ。

・・・だが、

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:46:03.67 ID:Y/g0HR6y0
ジリジリジリジリ!!!
(;*゚∀゚)(そうだ!そうだよブーン!
     その気迫だ!!この流れ落ちる冷や汗・・・!
     "これ"を感じたいんだ!!これぞ戦いなんだ!!)

ブーンが発するそのプレッシャーは、先程とは比べられない程強烈で、
その魔力・・・いや―

(;*゚∀゚)「・・・魔色!?
     いや、そう感じるだけか・・?」

―ブーンを囲むその魔力の"塊"は、
つーに、ブーンが人間だという事実を忘れさせた。

(#####) )「・・・・・・」

カランカラン・・・
ブーンはこれまで決して手放さなかった剣を手放した。

ユラァ・・
ブーンの姿勢が崩れる。

(;*゚∀゚)「・・・来る!」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:48:09.21 ID:Y/g0HR6y0
―ブーンのその"初撃"は。

(;*゚∀゚)「!!」

―本気で警戒していたはずの、つーの脇腹を大きく抉りとった。

(#####) )「・・・」

ピチャ・・・ピチャ・・・
ブーンの手には、爪型の魔力の塊と、つーの腸。

(#####) )「・・・?」

ブーンは、その腸をそこらに投げ捨てる。

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:50:05.81 ID:Y/g0HR6y0
(*゚∀゚)「ククク・・・クククク・・・
    アーッハッハッハ!!!最高だ!!最高だよおめー!!
    さぁ・・・楽しもうぜ!!ブーン!!!」

この死合、初めて両者がまともにぶつかり合った。
力も互角。速度も互角。ブーンがやっと、つーと同じ土俵に立ったのだ。

ギィイイイイイイイイ!!
互いに互いを弾き飛ばす二人。

(*゚∀゚)「クックック・・・
     何時ぶりだろう・・・?この"死候"の魔色を発した俺の、
     攻撃をまともに返したヤツは・・・」

つーは、この死合初めての"臨戦体勢"を取った。

対するブーンは。

(#####) )「・・・」

両手を地面につけた。
まるで4本足で移動する動物のような・・・そんな姿勢を取った。

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:53:54.58 ID:Y/g0HR6y0
(*゚∀゚)「・・・クックック・・・
     楽しいなぁ・・・楽しいなぁ・・・
     この隙の無さ・・・気を抜けばやられる、この緊張感よぉ・・・」

(#####) )「・・・」

ジリ・・・ジリ・・・
互いに間合いを測りあう二人。

・・・だんだんと、互いの距離が短くなる。

(*゚∀゚)「・・・さぁ・・・
     俺を楽しませろォ!!ブーン!!」

―先に仕掛けたのはつーだ。
その姿勢を崩さず、最小限の動作で命を獲りにくるつー。

(#####) )「・・・」

ブーンは、それを姿勢を横に倒す事で回避した。

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:55:07.51 ID:Y/g0HR6y0
(#####) )「・・・!」

右腕を上に挙げ、横に移動した勢いを乗せて反撃するブーン。

(*゚∀゚)「おおっと!」

つーもその攻撃を回避・・・

チリッ!
(*゚∀゚)「・・チィ!」

いや、僅かに回避しきれなかったつー。
表面皮膚を少しだけ獲られる。

(#####) )「  !」

だが、実力が拮抗した戦いというのはその僅かな皮膚だけでも、大きく戦況が変わるのだ。
ほんの少しだけ、体勢が崩れたつーをこれ見よがしと続いて攻撃を仕掛けるブーン。

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:57:07.03 ID:Y/g0HR6y0
(*゚∀゚)「・・!」

つーは今までとは一転して、劣勢に回ってしまった。
押すに押すブーン。それを受け流し、牽制しながら防御するつー。
展開は一気にブーンが押せ押せの展開だ。


ガキーン!!ガキーン!!
ガァーン!キィーン!!

・・・ブーンの一撃が、つーの魔力の爪を削り落とし続ける。

(*゚∀゚)「・・・」

本格的に余裕が無くなったのか、まったく喋らなくなったつー。
だが冷静に、丁寧にブーンの攻撃を受け流す。

(#####) )「・・・」

・・だんだん、ブーンの勢いがなくなってきた。
それと同時に、つーの反撃に勢いが乗り始める。
戦いは、壮絶な"必殺"の撃ち合いとなった。

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 01:59:03.89 ID:Y/g0HR6y0
ガアアアアアアン!!
ガアアアアアアアン!!

必殺のぶつかり合いで、衝撃波が起こる。

(*゚∀゚)(こいつ・・・!)

この拮抗した殴り合い。
崩したのはまたもやつーだった。

(*゚∀゚)「おおおおお!!」

先程までの、隙の少ない攻撃とはうって変わって、
腕周りの魔力を集め、大きく腕を振り上げるつー。
当然、つーの体勢が崩れる。ブーンにとって最大のチャンスなのだが・・・

(#####) )「・・!」

その威力に気圧されたのか、"その大振りに合わせて"防御しようとするブーン。
両腕を上に上げる。

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:01:04.80 ID:Y/g0HR6y0
ドゴオッ!!!

(#####) )「!!!」

その瞬間、ブーンが横方向に吹き飛んだ。
この死合、初めてのクリーンヒットだ。

(#####) )「・・・」

だがブーンに対してダメージは無い様だ。
再度両手を地面につけ、戦闘体勢を取るブーン。

(*゚∀゚)「・・・やっぱりな。」

理由はわからないが、こいつ・・・"今のこいつ"は、フェイントに対処できないんだ!
先程の攻撃だってそうだ・・・俺の見え見えのフェイントに引っ掛り、両腕を上に上げ、隙だらけの脇腹を曝け出した・・・
俺はその隙を突いて、残りの全魔力を足に寄せて蹴り飛ばしたはずだが・・・無傷か、アイツ・・・。

(*゚∀゚)「だが、問題は無いぜ!!
     この勝負・・・最早勝敗は決した!!」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:03:06.99 ID:Y/g0HR6y0
・・・そう判断したつーだが、まだ甘い。

(#####) )「・・・ぉ・・・」

・・・・・・・・ゴゴゴ・・・

(*゚∀゚)「・・・!」

"もっとだ・・・もっと血を滾らせろ・・・
 もっと・・・もっと、もっともっともっともっともっともっと"

(#####) )「もっと!!!!」

コオオオオオオオオオオオオ!!!

先程の魔力から、"さらに"魔力を爆ぜさせるブーン。
魔力がどんどん溢れ出し、強固に、強靭になっていく。

(;゚∀゚)「ば、馬鹿な・・・!
     これ以上まだ・・・!!」

い、いや・・・この"クラス"の魔力は・・・

(,,||||||)

あの・・・!!

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:05:48.88 ID:Y/g0HR6y0
(#####) )「ウオオオオオオオオオオオ!!」

ブーンは、雄叫びを上げた。

(;゚∀゚)「馬鹿なっ・・・
     この俺を・・・大きく上回って・・・!」

つーは、一歩後ずさりする。

(;゚∀゚)「!!!」

つーが気がついた時には、もう遅い。
(#####) )
ブーンの拳が、反応できない程の速度でつーを襲う。

(;゚∀゚)「うおおおおおおおお!!!!」

つーのその"全力"の防御を、

グシャア!!
(#)∀゚)「グホッ!!??」

―ブーンはいとも簡単に突き破った。

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:07:33.87 ID:Y/g0HR6y0
グシャアアアアア!!!

顔を地面に摩り合わせながら吹き飛ぶつー。

(#)∀゚)「くっ・・・
    !!??」

(#####) )

つーが体勢を整えるよりも遥かに早く、ブーンがつーに詰め寄っている。
拳を上に挙げた。

(#)∀-)「・・・すまんジョル。
     俺、死んだわ」

オオオオオオオオ!

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:09:07.79 ID:Y/g0HR6y0
(#####) )

(#)∀-)「・・・」
(#)∀゚)「・・・?」

・・・おかしい。
何時までたっても、その最期の攻撃がやってこない。
つーは閉じた目を開いて、ブーンを見つめた。

(#####) )

ブーンは動かない。
先程まであった魔力が、嘘の様に感じない。

(#####) )
ドサッ

そのままブーンは、糸が切れた人形の様にその場に倒れこんだ。

(;#)∀゚)「・・・魔力切れ・・・か・・・?
     ・・・」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:09:28.44 ID:VXlC4ZsaO
しえん

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:09:29.99 ID:fZo9jhpa0
C

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:11:05.27 ID:Y/g0HR6y0
ζ(゚−゚;ζ「・・・振動が・・・止まった・・・?」

(;゚A゚)「お、終わった・・・のか・・・?」

・・・最初の轟音から30分。
絶えず鳴り響いていた轟音が収まってから、既に3分は経過していた。
  _
( ;゚∀゚)「ってゆーか、一体何もんなんだ?ブーンさんってよ・・・
     これだけの間、あのとーちゃんとまともにやりあうなんて・・・
     ふつーじゃねーよ・・・ブーンさん・・・」

ζ(゚−゚;ζ「・・・ブーンさん・・・
      まさか・・・」

(;゚A゚)「・・・」

ガチャ・・・

ζ(゚−゚;ζ「・・・!」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:13:41.57 ID:Y/g0HR6y0
(#)∀゚)「・・・デレ御嬢様。
    ただいま帰りました。」

右頬を大きく腫らしているつー。

(#####)^)

肩には、ブーンがもたれ掛かっている。

ζ(゚−゚;ζ「ブーンさん!!!」

(;゚A゚)「ブーン!!」

つーと、つーの背中にいるブーンは。
両方ともに、まるでボロ雑巾の様にボロボロの姿になっていた。

ζ(゚−゚;ζ「ブーンさん!!大丈夫ですか!?
      ブーンさん!!」

(;゚A゚)「お、おい!!ブーンを殺したのかよ!?あんた!!」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:15:30.45 ID:Y/g0HR6y0
(#)∀゚)「・・・確認しな、ドクオ」

ドサッ・・

ブーンを地面に寝かせるつー。

(;゚A゚)「ブーン!!」

(#####)^)(;゚A゚)「・・・・・・・・・・・・・・・」

ζ(゚−゚;ζ「・・・ドクオさん?」
  _
( ;゚∀゚)「・・・まさか・・・本当に・・・」

(#)∀゚)「・・・」

(;゚A゚)「・・・し てる・・・」

ζ(゚-゚;ζ「!」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:17:18.80 ID:Y/g0HR6y0
(; '∀')「息・・してるよブーン・・・!
     良かった・・・!!」

ζ(゚ー゚ζ「!
      本当!?本当ですかドクオさん!!!」

(*'A`)「あぁ・・・無事だよブーン。
    本当・・・びっくりさせやがって・・・!」

ζ(゚ー゚*ζ「良かった・・・!無事で・・・!!」
  _
( ;゚∀゚)「すげぇ・・・あのとーちゃんを満足させるなんて・・・
     ・・・妥協したのか?とーちゃん。」

(*#)∀゚)「妥協?そんなもん初めから俺はしねーよ!
     大満足だった・・・!本当に楽しかったぜ、こいつとの戦い!!」

ζ(゚ー゚*ζ「おお・・・!
      って事は、つーさんを倒したんですか?
      ブーンさんは」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:18:41.90 ID:Y/g0HR6y0
(;#)∀゚)「え!?い、いや・・・
     さ、流石に人間如きに負けはしませんよ!!私はー!!
     ハハハハハハ!!見ての通りボコボコですよ!!ブーンを!!」

汗を多く掻きながら、カラカラと笑うつー。

ζ(゚ー゚*ζ「そうなんですか・・・
      でも凄いですよね!?だってそんな顔のつーさん、初めて見ましたもの!」
  _
( ;゚∀゚)「おいらも初めてだ・・・
     本当、すっげーよブーンさん・・・」

心の底から感心するジョル。

(*'A`)「流石ブーンだな・・・」

(;#)∀゚)(殺されかけた事は・・・黙っておこう。)

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:20:46.41 ID:Y/g0HR6y0
・・・それから3日後。

――殺してやるよ!!あの雑魚を!!!

(  ゚ω゚)「どっくん!!!!」

ガバッ!!!

('A`)「お。目覚めたな、ブーン」

(  ゚ω゚)「ど、どっくん!」

ブーンは目を覚ますなり、ドクオに飛びついた。

(;'A`)「!?」
ζ(゚-゚*ζ「!!?」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:22:30.11 ID:Y/g0HR6y0
(  ゚ω゚)「あれからどうなったお!?
       どっくん、本当に生きてるかお!?
       つーさんに何かされたのかお!?」

(;'A`)「お、おいブーン!落ち着けよ!!
    俺はこの通り、ピンピンしてるぜ!!なぁおい!!」

ζ(゚o゚ ζ「・・・」

起きるなりドクオに飛びついたブーンを見て、唖然とするデレ。

( ;^ω^)「お、おおぅ・・・」

ブーンは、急いでドクオから離れた。

( ^ω^)「・・・そうかお。
       認めてもらえたのかお・・・つーさんに。」

ζ(^ー^*ζ「えぇ!
      つーさん、大満足だったって!!」

( ;^ω^)(・・・僕をボコボコにして・・・気でも晴らしたのかお・・・?)

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:24:03.06 ID:Y/g0HR6y0
( ^ω^)「というより・・・顔の腫れが引いてるお・・・
       僕はあれから、何日寝続けてたのかお?」

ζ(゚ー゚*ζ「3日間よ。
      ブーンさん、凄い回復力ね!」

('A`)「まぁ、こいつは人間じゃねーし。
    もうそれくらいでは驚きもしねーけどな」

( ;^ω^)「酷いおどっくん。僕は人間だお」

('A`)「つーさんの顔面を腫らせれる人間が、
   この世に存在するとは俺は思えねぇけどな・・・」

ζ(゚ー゚*ζ「凄いですよね!ブーンさん!」

( ^ω^)「?顔を腫らす?
       つーさんの??」

ζ(^ー^*ζ「はい!
      つーさん、1日で引いてましたけど。」

( ;^ω^)(一体、何が起こったんだお・・・?)

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:25:14.28 ID:Y/g0HR6y0
( ^ω^)「そういえばつーさんとジョルは?」

ζ(゚ー゚*ζ「買い物にでかけましたよ?
      すぐ戻ってくると思います。」

シュウウウ・・・
ただいまー!!

・・・ジョルの声だ。

('A`)「お、帰って来た。」

(*゚∀゚)「デレ御嬢様!ただいま帰還致しました!
     ・・お!ブーン!起きてるじゃねーか!!」

( ^ω^)「・・・おはようございますお」
  _
( ゚∀゚)「おはよう!ブーンさん!!」

( ^ω^)「・・・おはよう。ジョル。」

ジョルはブーンのすぐ隣に座り込んだ。

( ^ω^)「・・・?どうかしたのかお?ジョル。」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:27:47.09 ID:Y/g0HR6y0
  _
( ゚∀゚)「・・・どんなだった?」

( ^ω^)「へ?」
  _
( *゚∀゚)「どんなだった?本気のとーちゃん!
     すっげー強かった!?」

ジョルは興味深々といった感じだ。

( ;^ω^)「え、いや・・・
       強い、ってもんじゃねーお。
       自分が、いかに自惚れてたかよくわかったお・・・」
  _
( *゚∀゚)「おおー!!
     やっぱとーちゃんはつえーんだ!
     さっすがとーちゃん!!」

(;*゚∀゚)「ハッハッハー!!
     当然だ!!当然!!」

( ;^ω^)「・・・二度と闘いたくねーお」

(;*゚∀゚)(俺も、こいつの底を見極めるのは暫くやめにしよう・・・
     修行、しなおさねーとな・・・)


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:29:03.08 ID:Y/g0HR6y0
(*゚∀゚)「おーし、ブーン。お前に選別だ。」

ドサッ。
つーは、大きな袋をブーンに渡した。

( ^ω^)「・・・それは?」

(*゚∀゚)「当然の資金、食料、服装。
     あとほぼ全ての宿屋と融通が利く"魔王軍特命隊"の証明バッチだ。
     これを提示すれば、タダで、しかも世間に隠れて宿泊する事ができる。
     ・・・潜伏の必須アイテムだ。"3人"と無くした時用に予備が2つ。計5個ある。」

( ^ω^)「おお!」
('A`)「という事は!!」

(*゚∀゚)「・・・おめー。デレ様に何かあったら今度こそ殺すかんな。
    ・・・忘れんじゃねーぞ」


ζ(^ー^*ζ「やったですね!ブーンさん!
      認められましたよ!?つーさんに!!」

デレは、まるで遠足に行くみたいに大はしゃぎで喜んだ。

( ^ω^)「・・・うん。嬉しいお。
       そしてつーさん・・・その言葉、肝に命じておくお。」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:31:04.28 ID:Y/g0HR6y0
(*゚∀゚)「おう。気をつけて行ってこい。
     ・・・そして何かあったらこの"宝石"を無理矢理にでも光らせろ。
    そしたら、いつでも俺が飛んでいってやるからよ。わかったな?」

( ;^ω^)「ひ、光らす事はできないと思うけど・・・
       とりあえずはわかったお。」

ζ(゚ー゚*ζ「・・・じゃ、」

('A`)「行こうか、ブーン。」

( ^ω^)「あぁ。出発だお。―――



――――――魔王城へ。


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 02:34:39.00 ID:Y/g0HR6y0
―――――――手記は、ここで途切れている。
ってね^q^
戦闘シーンが意味不明なのはs(ry
本当難しいよね、戦闘シーン^q^
好き好んで入れる人は凄いおあれ
いろいろぐだぐだなのは気にしたらまけだよー
ふいんき(なぜか〜 を楽しんでくれたら嬉しいお^q^
ってか読んでくれるだけでうれしいお Cまじで涙でる程うれしいお!;q;
じゃまたもうそうあたたまったらまたくるお じゃもやすみ^q^ノシ

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/24(木) 03:21:12.47 ID:VXlC4ZsaO


だけどドクオがジョルジュとかと話せるのは何でなんだぜ?ドクオは魔族語わからんのだろ?


30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)