2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【芸能】村上春樹さん スペイン芸術文学賞を受賞

1 :焙煎特派員φ ★:2009/12/07(月) 21:31:28 ID:???0
スペインからの報道によると、同国政府は4日、作家の村上春樹さん(60)に、スペイン芸術文学賞を授与したと発表した。
「きわめて独創的な声を持つ作家、現代文学をけん引する作品を創造してきた」と評価した。
同賞はスペイン文化に貢献した内外の芸術家などに授与される。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/literature/

2 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:32:09 ID:3688n+dF0
おめでふぉー

3 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:32:28 ID:fyF1f1Ah0
3なら自殺する

4 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:32:40 ID:Owe3ho5e0
for

5 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:32:57 ID:AQioCNoM0
やれやれ

6 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:33:29 ID:IKVNPUuHO
ASUKAさんとは結婚するんですか?

7 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:34:04 ID:hDmOjgcw0
そろそろ、どこが面白いのかさっぱり分からんって奴が出てくるころか

8 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:34:53 ID:fyF1f1Ah0
ドストエフスキーの地下室の手記を読み始めたんだけど
まるでお前らだな

9 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:35:20 ID:HOC8bkvf0
やっぱり、オバマのノーベル平和賞はおかしい。

10 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:36:53 ID:134XRQ0tO
風の歌を聴け、をその後越えていない

11 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:38:01 ID:xkO9g6cj0
世界に広がる厨二病

12 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:39:39 ID:G4AWWt7DO
>>3
方法は!?

13 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:41:00 ID:aqBXzr5J0
村上春樹さんの、短篇小説は好きです。

14 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:42:24 ID:+F74Yj3i0
村上春樹と村上龍をよく混同してしまう
区別の仕方を教えてくれ

15 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:44:08 ID:UlNWuF/40
やれやれ

16 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:45:32 ID:ICcBaRud0
また春樹を叩いて通ぶるスレか

17 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:47:29 ID:60Ffq1uT0
2ちゃんでアンチが多いと世間では評価される

18 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:53:16 ID:jJ9RwUuI0
おまえらもなんかもらえるといいな

19 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:54:21 ID:sK0HqFqg0
>>14
作家が春樹
商人が龍

20 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:54:56 ID:JlCJfUA10
>14
芥川賞を1回目で受賞して、華々しくデヴュー。
芥川賞を4回目ノミネートされても受賞できず、
文壇からも、「軽すぎる小説」と批判された。




21 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:56:22 ID:gEdjuq2u0
>>18
反則切符とか?

22 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 21:57:51 ID:9rfrln4z0
カンブリア宮殿見てるとそんなに芸術性を感じない

23 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:01:12 ID:XWCvAkap0
昔ノルウェイの森のあらすじ教えてといわれたので、
精神病の彼女が自殺してそのあとババアとセックスしてやれやれと言う話だよと説明した。

24 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:01:56 ID:S+AjOmk40
やれやれ。僕は射精した。

25 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:02:22 ID:JlCJfUA10
>22
村上龍は、マスコミに可愛がられたんだよ
作品自体は、コインロッカー以後は、
風俗小説しか書いていないようだし





26 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:06:44 ID:wVfbzP5t0
このひとの小説のよさがわかんね。
興味なし。

27 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:07:34 ID:lhuOJkos0
スペイン戦争はずっと前に終わったよ

28 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:08:04 ID:nSQHcI3Q0
はて、村上春樹って何でスペイン文化に貢献したの?

29 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:11:34 ID:hDmOjgcw0
ただ、本が売れているだけかと

30 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:12:01 ID:A20p/DSz0
>>25
愛と幻想のファシズム系統の作品ならそれなりに読めると思うけどな
五分後の世界、半島を出よあたり

31 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:12:50 ID:bSDX6PNu0
ピンボールマニアのスペイン語講師がやれやれ

32 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:16:04 ID:XWCvAkap0
バブル時代くせえよね。何年経っても。

33 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:19:13 ID:7QxXbeQN0
スペイン語にも翻訳されてたのか
これでまた読者増えるな

34 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:19:17 ID:EdGU1AYhO
>>村上春樹(60)
>>村上春樹(60)
>>村上春樹(60)
!?
もうジジイだったのか!

35 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:25:07 ID:zwH3na7GO
>>34
小説書き初めたのが30歳

36 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:25:56 ID:II6j6NWgO
学生の頃好きで結構よんだが、内容は全く記憶にない。
村上龍のはそこそこ覚えてる。

37 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:30:00 ID:zwH3na7GO
>>14
ブックオフの100円コーナーにたくさん置いてあるのが龍
置いてないのが春樹
外国人のタニマチを騙してHENTAI人形を数千万で売り付けるのが隆

38 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:30:08 ID:JlCJfUA10
ノルウェイの森で、
フェラを一般女性に浸透させた
らしいが本当のことかな

ノルウェイの森を読んだことある、好き
→フェラに対して抵抗ない



39 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:35:38 ID:jJ9RwUuI0
>>20
太宰治や高見順や福永武彦や三島由紀夫や村上春樹に与えず
石原慎太郎や池田満寿夫や村上龍や辻仁成や
綿矢りさや金原ひとみやモブ・ノリオに与えられる
それが芥川(笑)賞

40 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:41:42 ID:8fh63y/I0
ラノベってのはスペインにはまだないジャンルだから、
村上春樹はスペイン人にとっては新鮮なのだろう

41 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:42:33 ID:RG4jBuqu0
>>39
時代性を切り取る作品が受賞すんでしょ
普遍性はイラネってことなんじゃない?

42 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:47:20 ID:W4LR2lr+0
≪資料≫村上春樹エルサレム賞スピーチ全文(日本語訳)
http://www.47news.jp/47topics/e/93925.php

43 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:47:48 ID:jJ9RwUuI0
>>39
おまえは高見順のインテリゲンチャ文学を読んでそれを言ってるのか?
三島の対しての「もう新人じゃないから」という選考委員の凄い理由を知ってて
言ってるのか?太宰はともかく高見や福永や三島は版元の関係という
しょーもない理由なんだぞ、菊地姦とその尻尾の文春連中が全部悪いんだけど
などと言う俺様もしょーもない出版社勤務でそーいうことをするのだがw
ま、たいしたことねーって話さ、新人賞なんて俺みたいな奴が一次の素読みだからw

44 :43:2009/12/07(月) 22:48:49 ID:jJ9RwUuI0
うわ、>>41に対してのレスね
会社で書くの怖いよ後ろが怖くて間違えちゃうよw

45 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:51:35 ID:WMpHknFY0
>>43
下読みサンキターw
下読みってやっぱ数こなさなきゃならないからテキトーなんでしょ?

46 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:53:02 ID:Iaqj0Ghz0
なんか凄いって言わないと駄目なゾーンに入ってきたね

47 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:56:50 ID:nSQHcI3Q0
あと日本だと芸術院入りくらいしか残ってないぞ

48 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:58:47 ID:HJCtYj7g0
「ギリヤークじんのことをしりたい」
「きのどくなぎりやーくじん」

こういう萌え表現はどういう風に翻訳されてるのか気になるw

49 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 22:59:55 ID:zwH3na7GO
>>40
スペイン人と村上春樹をこの上なくサラッとバカにしたなw

50 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:02:55 ID:AqePv9NL0
世界の終わりとダンスダンスは面白いと思った

ねじ巻き鳥とノルウェイとスプートニクとカフカと風の歌とピンボールは
微妙だった。

どこが評価されてるのか分からないからあまり作品読んだことないけど
感想は10のうち4+くらいだな

51 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:03:11 ID:jJ9RwUuI0
>>45
俺は一応社員編集者だからね
使えそうな奴はこっそり手持ちでとっとくよ
数はこなすね10枚も読めばだいたいわかる
うちは下読みの下請け(ライターやワナビ)には出さない

52 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:07:42 ID:ZqNXAS0L0
>>3
さよおならプ〜

53 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:11:00 ID:iGO9fwRx0
>>42
この発言が許されるのがイスラエルの現状なんだろうけど
中国とかの受賞式でチベット問題を語れる卵であるのだろうか春樹

54 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:14:45 ID:KIV4ztQU0
独創的な声って?
そんな変な声だっけ?

55 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:15:17 ID:8nXMop8d0
渡辺直己「メルトダウンする文学への9通の手紙」

村上春樹を徹底的に批判しつくした本として有名


小谷野敦「反=文芸評論」

ここでも村上春樹を批判しつくしている


「文芸時評―現状と本当は恐いその歴史」吉岡 栄一

これは村上批判派と擁護派を比較しなぜこれほど評価が異なるのか
その裏側、からくり、政治を書いた必読書



56 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:15:59 ID:8nXMop8d0
「男流文学論」(ちくま文庫)より(上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子)

村上春樹「ノルウェイの森」について

 小倉「この人は、いろんなことに関心がない、関心がないっていうのね。ところが、すぐ後の
    ページで、本当はめちゃくちゃ関心があることが暴露されてしまう(笑)」

    「このひと、他の人の言葉を借りて自分自身を褒めるのね。〈「この寮で少しでもまともな
    のは俺とお前だけだぞ。あとはみんな紙屑みたいなもんだ」/「どうしてそんなことがわか
    るんですか?」と僕はあきれて質問した。〉
    嘘付け。あきれてないじゃない。自分もそうおもってるくせに、厚顔無恥。」

上野「自分についての描写をみんな他人の口から言わせてる。「あなたってこうみたいな人ね」
    他人の口から言わせたことに対して、すべて肯定的なのよ。叙述の内容に責任をとらない
    というスタンスをいつも取っている」

富岡「全部翻訳文体なんだね〈午後が深まり〉、午後が深まりなんていうのも、翻訳文体ですね」

上野「やれやれ」というのは、その事態に対する距離と同時に。その事態を自分から変更する
   意思が何一つないことを示しています。村上の世界の恐るべき受動性を象徴しています。」
   
富岡「やたら人が死ぬ。簡単に。小説の書き手のほうからいうと、非常に安易なのね」

上野「失敗した私小説でしょう」

上野・小倉・富岡「つまらん」



57 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:17:09 ID:8nXMop8d0
ドイツのテレビ番組「文学四重奏団」は、4人の文学評論家が、会場にいる聴衆とともに、
新刊の文学書を紹介・査定するものだそうです。
そこで、「太陽の西 国境の南」が取り上げられたとき、賛否両論が渦?を巻いたのですが、
どういう非難が表明されたかというと・・・・。

「村上の本は、この番組で取り上げる価値などない、文学的なファースト・フード、マクドナルドである」
「表現力を欠いた、覇気のない、つっかえがちなつぶやきにすぎない」

おおおおおっ。たしかにラジカル! 論争は、
この番組としてはいつになく過激で、やがて作品をそっちのけにした個人攻撃に発展したそうで。

そういうの、ディベート・インポの日本人の専売特許かと思っていたけれど、ドイツ人も、そうなんだ?
そして、新聞書評のほうは・・・・。

「会話のように流れるだけの底の浅い文体」
「内容は緊密に構成されているが、文章の質は映画の脚本の水準を出ていない」
「比喩や対比は、まるでわざと読者を挑発するかのような安っぽさ」

あのヨーロッパの知性ともいうべき「フランクフルターアルゲマイネ」紙に、
そんな批評をされてしまうと、ファンとしても、もう頓死するしかないですよねえ。

http://www.across.or.jp/necizen/essay/e2000/e00122901.html


>>新聞書評のほうは・・・・。

「会話のように流れるだけの底の浅い文体」
「内容は緊密に構成されているが、文章の質は映画の脚本の水準を出ていない」
「比喩や対比は、まるでわざと読者を挑発するかのような安っぽさ」


58 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:18:07 ID:8nXMop8d0
絲山秋子 日記より 感想

海辺のカフカ」(村上春樹)新潮文庫

読書にもいろいろな種類があって、喜読、嘆読、耐読、苦読などと私は名付けているが、
このHPで最も多くの方が票を投じて下さった「海辺のカフカ」は、
残念ながら私にとって「苦読」作品だった。まあ、相性が悪かったということです。
常に感じたことは「『海辺のカフカ』に書かれているこいつらは人間じゃない」ということだった。
テーマパークとしてはよくできていると思う。
それにしても「メタファー」ってコトバ、一体何回使ってあるんだろう。
せっかく選んで下さったのに、こんなことですみません。やっぱり無理な企画だったのかなあ、
でも嘘つくのはまずいし。ちょっと反省しています。


59 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:18:11 ID:hDmOjgcw0
毎回ご苦労なことだなwwwwwww

60 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:19:08 ID:8nXMop8d0
「男流文学論」(ちくま文庫)より(上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子)

村上春樹「ノルウェイの森」について

上野「わたなべくんには能動的なアクションが全然ない。彼にとってアクションはすべてまわり
    から起こってくる。彼にとっての幸運は、周囲の人間が、それほどおせっかいにも彼に
    手を出してくれているということ。」

富岡「この子は何もしない。学校へ出たり、アルバイトしたり、図書館へ行って本を読んだり
   しているだけ」

小倉「こういう文章が気に食わないんですよ〈僕自身は知らない女の子と寝るのはそれほど
   好きではなかった〉正直に書けば〈僕自身は知らない女の子と寝るのはまったく嫌いという
   わけではなかった〉(笑)
   なんでこんなええかっこうして書くの?

上野「この文体ってテレビ的というか、漫画的なのかしら」
小倉「漫画の噴出しのせりふで」
上野「全体に、シナリオみたいな書き方でしょう」

小倉「私は、村上春樹がほんとうにまともに、どういう人生観をもってるか見えないですよ」

上野「ごく簡単よ。他人と関係を持ちたくない。他人との距離をつめたくない。僕はこういう
  人間なんだ。「やれやれ」といってるだけ」

上野「この半端さが彼の限界でありとりえであり、この気の利いたショートセンテンスと、ダイアローグ
   の組み合わせが初期からあり、もしモノローグだけ、ダイアローグだけならダイナミズム
   を生み出すのに、どちらも途絶するしかないというのが彼の小説作法です。
   何もおきないことのエクスキューズが気の利いたショートセンテンスです」

61 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:21:54 ID:wVVPcrb10
>>60
なんか、必死すぎてかわいそうになってくる

言ってる人もコピペしてる人も(´・ω・`)

62 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:28:31 ID:WMpHknFY0
>>51
ありがとーまだいるかな?
編集者って自分でも本出してみたいって思うもの?
この話は面白くないけどこのネタ使えるからいつかオレ使っちゃおーみたいな

63 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:29:21 ID:OBFy7zkt0
蓮實の批判も引用してくれ

64 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:32:44 ID:GBYw3arv0
なんかもう、どんどん国内の批評家が悲惨になってくるな。俺たちなんかは庶民だから
感覚的で無責任によんでつまらなければつまらないと言っていいけど、批評家は世界に
通用するような普遍性をもった評価をしなければいけないのに、世界的に評価される作家が
ストレスで円形脱毛できるくらい長年にわたって叩き続けたわけだからな。
100年後くらいに村上についての本があったら「その高い文学性は国内で正当に評価されず、
長年にわたって過剰な批判をうけつづけた」といったかんじで国内の批評家の恥が残るんだろうな。


65 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:34:05 ID:0jQJEVIOO
>>56
文学でも小説でもラノベでもいいけどw物語の根本的な構造が判ってないんじゃないか?

水戸黄門に最初から印籠出せって言ってるバカと同レベルw

66 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:36:09 ID:nSQHcI3Q0
まあ、よくも悪くもここまで毀誉褒貶の激しい作家ってのも日本文学史上屈指だと思う

67 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:43:00 ID:071sjv6A0
上のほうでドイツの話があったけど、世界的に同じ傾向なんだろうか?<毀誉褒貶が激しい

68 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:47:27 ID:RJQAADvI0
村上春樹はホント日本の評論家・知識人にボロクソだったからな
売れただけに

龍のほうはものを知らんアホな子だけど感覚はすごいという感じで
一部の知識人には愛でられた

吉本隆明くらいだったな現代文学であとに残るものに二人の名前あげたのは

69 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:48:37 ID:0jQJEVIOO
逆に村上春樹が評価されてない国探す方が難しくないか?w
あっ日本かw


偉そうに上から見下ろしたような批判してる文芸バカどもはニューヨーカーに短編のひとつも載せてから文句言えよw

70 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:49:50 ID:0jQJEVIOO
>>14
春樹がビートルズ
龍がドアーズ

71 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:52:55 ID:4TSmIsUu0
>>30
日本はどの業界も同じだな。VOCA賞ってゆー美術の芥川賞みたいなやつがあるんだが
今まで村上隆や奈良美智、会田誠とかがエントリーされたけど、審査員からは総スルー
受賞するのは国際的には何の評価も受けないようなのばっか。しまいには大賞取ると
大成しないなんてジンクスができたww

72 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:53:27 ID:0jQJEVIOO
>>57
カフカの書評も載せてみろよ
ドイツでベストセラーだったみたいだけど

73 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 23:58:11 ID:pBagFNooO
やれやれ

74 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 00:00:22 ID:KwJm2QUe0
正直言って春樹の小説がノーベル賞に値するとはとても思えない
文体はアメリカ文学の翻訳をそのままパクった(特に清水俊二)ものだし
内容はセックスのことばかりだし
まあノーベル賞はエロ系好きという傾向はあるけどさ

75 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 00:00:47 ID:O4kTkQxX0
>>60
(上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子)

こんな内容で印税稼ごうとするよりは
売れる小説書いてる方が何十倍もまし

76 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 00:02:31 ID:ojze72jdO
>>71
村上隆の場合は気持ちが分からなくもない

あれはもっと権威がある国の評価を見てからじゃないと怖くて評価できないだろw

77 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 00:05:00 ID:rlmI5++v0
>>70
龍はモンキーズだろ

78 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 00:07:02 ID:l5unVr9nO
今日の何が面白いのか分からない自慢スレはここか

79 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 00:08:51 ID:ArmoyYwK0
なんか学生の特定の時期に面白く感じたことは確かなんだけど20もすぎるとなんか読めないよね
対象年齢は高校生ぐらいじゃないの。

80 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 00:10:55 ID:80UMSLBCO
浅田〇央がモデルの携帯小説wwワロタwww

銀盤の少女

http://shousetu.i-yoblog.com/

81 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 00:14:00 ID:EvF7BP/g0
小説による
>>79のはカフカのじゃないの?

読書ってのは主人公に自己投影するってんだから
20代から30代のおっさんなら面白く読める

82 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 00:16:01 ID:NcTiY7FX0
村上春樹の小説は初期3作品くらいしか好きではないけど、

デビュー以来30年に渡って一貫して文壇に背を向け続け、
どこの文学的グループの付き合い(馴れ合い)にも参加せず、
いっぽんどっこで一線を走り続けて来たのは純粋にすごいと思う。

国内の評論家はよっぽど悔しいだろうね。

83 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 00:21:27 ID:lgX8JLed0
いまハードボイルドワンダーランドを読み返しているんだが
草食男子に垣間見える気弱さや奇妙なアイロニーやユーモアは
時代を先取りしていたといっていいな

84 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 00:22:33 ID:EvF7BP/g0
>>82
日本の文芸評論家って信用ならんしw頭堅いんだろ

85 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 00:29:48 ID:rVBE4drs0
>>7
デビュー当時からいるじゃないか

86 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 00:41:42 ID:dCse027j0
>>85
このスレにそう書き込む奴が出てくるってことだろ

87 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 00:49:06 ID:YxmyTeLj0
>83
というか、村上自身が草食系だったんじゃないのか
で、それでは限界を感じて、
マラソンに凝って、肉体改造して、作風も変わったと




88 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 01:16:13 ID:NcTiY7FX0
>>87
草食・肉食系っていうマスコミ語好きじゃないけど、
村上は少なくとも肉食系ではないだろうね。

でもよく使われてる「草食系」ってさ、実は肉体的なたくましさとかはあまり関係なくて、
女性との関わり合いの対比で使われてるんだよね?

恋愛や結婚に消極的な男=草食系って感じで。

その点でいくと、村上は確か学生結婚してるはずだから当てはまらないんじゃないかな。
今の価値観で考えると、20代前半で結婚してる男に草食系って使われないよね多分。

89 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 04:12:55 ID:rVBE4drs0
>>86
え?


90 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 04:20:09 ID:U8BbKQOq0
海外での高評価が信じられないな
スペイン文化に貢献って何だろう

91 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 04:24:44 ID:kmqK6VskO
>>82
へぇ〜そうなんだ

92 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 04:31:33 ID:9geRjEdZO
>>82だから直木賞とかくれなかったのか
グループ所属してないとハブられるもんな

93 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 04:33:04 ID:7BCKl5bdO
クレヨンしんちゃんも最優秀キャラクター賞みたいなのもらってて、
映画が興行収入3位になったとかニュースでやってたな。

94 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 04:44:20 ID:9geRjEdZO
>>93スペインでか?
たしかクレおんしんちゃんが下品すぎるとかの論争になってたよな
餓鬼は下品なのが好きだからなあ

95 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 04:49:39 ID:ii6gnTaZ0
>>90
「オムレツをつくった」ではなくて
「スパニッシュオムレツをつくった」って書いたとかw

96 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 04:50:10 ID:OnqVyXk50
ペンパルのフランス人スペイン人が何でか知らぬが、この人の作品が大好き
俺には理解できん

97 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 04:56:13 ID:tHNm4+/00
スペインの人って本読まないイメージ

98 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 05:00:26 ID:9geRjEdZO
ロシアでも大人気だったな
ノルウェーの森の本を電車で読むと賢そうにみえるから読んでるとか
一種のファッションみたいなもんなのかな

99 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 05:02:57 ID:nGxUFN1b0
テレビで村上龍から「あちらの村上さん」と呼ばれてる人だな。

100 :名無しさん@恐縮です:2009/12/08(火) 05:03:10 ID:tHNm4+/00
ファンがひくほどキモい
冴えないくせに気取ってる

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)