2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ダメ】関西国際空港:10億円程度の固定資産税の支払いを回避する目的で、3年前から2期島の埋め立て工事を中止 完成すれば赤字転落

1 :Ψ:2010/08/01(日) 06:45:37 ID:Jcafmb7X0
関西国際空港会社が、関空2期島(528ヘクタール)の用地のうち237ヘクタール分について、
約3年前から埋め立て工事を完成直前でストップさせていることが分かった。
造成中の用地は固定資産税がかからず、借入金の金利負担など決算上の費用を
低く抑える会計処理も使えるため、完成を遅らせているとみられる。
完成すれば、同社の収支は年40億円ほど悪化し、赤字転落は必至となる。

関空会社と子会社・関西国際空港用地造成会社(KALD)は、1999年から2期島の工事を始めた。
うち291ヘクタールについては完成させ、2007年から第2滑走路や誘導路などとして運用を開始。
将来は駐機場などに活用される残りの237ヘクタールも同年までに埋め立てをほぼ完了した。
公有水面埋立法は、免許で指定された高さまで埋め立てた時点で、速やかに工事完了の手続きを行うよう規定。
2期島の場合は標高7.5メートルが完成ラインで、必要な土砂も島内に搬入されていた。
しかしKALDは、237ヘクタール分については最後の約60センチ分の土盛りを残して埋め立てを中断。
その後は、護岸の一部で工事を続けている。

埋め立てを完了させない理由について、工事の経緯を知る関係者は
「税負担や会計上の費用を減らす目的があった」と説明する。
「未完成」の237ヘクタール分は完成させると土地として登記され、
関空会社は年10億円程度の固定資産税を支払う必要がある。
しかし、完成しなければ法的には「海面」扱いとなり、税負担は生じない。
また、2期島造成のため金融機関などから借り入れた資金の金利負担は、
完成後は同社の費用として決算に計上されるが、
造成中であれば一時的に別勘定(建設仮勘定)に入り、
費用を実際より少なく見せる会計上の効果もあるという。

後略 長いのでソースで
http://www.asahi.com/national/update/0731/OSK201007310134_01.html


2 :Ψ:2010/08/01(日) 07:53:09 ID:WiIjEa4C0
建物でも該当すんの?
未完成の豪邸なら、固定資産税不要なの?

3 :Ψ:2010/08/01(日) 08:00:03 ID:4tNn8ExF0
ダメなの?

4 :Ψ:2010/08/01(日) 08:02:43 ID:3M0I36cz0
法の抜け穴的テクニック

5 :Ψ:2010/08/01(日) 08:04:30 ID:LFKBKyIz0
現法でそういうことが違法でないなら別に構わないんでない?
ま、それで利益出せないなら「無駄なもの作るんじゃねーよ」
って感じではあるが

6 :Ψ:2010/08/01(日) 08:20:32 ID:Bbin0XWq0
飛行機の免許をそこそこ安く国内で取らせて
金持ちが飛行機持ち易くすると使用料も、税収も増えるけどな

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)